★お知らせ★ ご来訪ありがとうございます
・ピアニカは提供元が打ち切ったので終了しました(-_-)。

2010年10月02日

初心者用 DTM ソフトを探す


 CubaseLE5 は、私のpc環境では大変厳しいことは分かった。pcを新調するほどお金はなし。新調するにしても、かなりお金をかけないと50歩100歩になってしまう。
 かと言って、今のままでは寂しい。何とか、今のpc環境で使えるものはないものか…。
 色々ネットで初心者向きと思われる有名ソフトの値段と動作環境を調べてみた。(値段の安い順、今の時点でのアマゾン通信販売価格)


1.Music Creator 5

 値段:6,345円(アマゾン)
 動作環境:
<対応OS> Windows 7 / Windows Vista?/ WindowsXP Home / WindowsXP Professional ※すべて日本語版
<CPU/クロック >Pentium 互換プロセッサ/1.6GHz以上(Windows? XP)、2.0GHz以上(Windows Vista/ Windows 7) ※Pentium 3.0GHz以上またはCore?プロセッサを推奨
<メモリー> 1GB以上(64ビット版Windows 7は2GB以上)※2GB以上を推奨


2.Music Maker 3 乗り換え版※
 値段:7768円(アマゾン)
 動作環境:下記の7.と同じ
  ※他のソフト(例えばCubaseシリーズなど)を現在使っている場合


3.Mixture
 値段:8436円(アマゾン)
 動作環境:
<対応OS> Windows 7(64bit,32bit)Windows Vista(64bit,32bit)Windows XP(32bit)
<CPU> Windows 7 / Vistaの場合、Intel(推奨)および互換プロセッサ / 1GHz以上(推奨1.7GHz以上)
Windows XPの場合は、Intel(推奨)および互換プロセッサ / 800MHz以上(推奨1.4GHz以上)
<メモリ> 512MB以上(Windows 7 / Vistaの場合は1GB以上)


4.Singer Songwriter 6.0 Lite
 値段:10,500円(アマゾン)
 動作環境:
<対応OS>Windows 7(64bit,32bit) Windows Vista(64bit,32bit)Windows XP(32bit)
<CPU>Intelおよび互換プロセッサ / 800MHz以上(推奨1.4GHz以上)
Windows 7 / Vistaの場合は、Intel(推奨)および互換プロセッサ / 1GHz以上(推奨1.7GHz以上)
<メモリ>512MB以上(Windows 7 / Vistaの場合は1GB以上)


5.ACID Music Studio 8.0
 値段:11,165 円(アマゾン)
 動作環境:
<対応OS> Windows XP (サービス パック 3)、Windows Vista (サービス パック 2)、または Windows 7
<CPU>1 GHz プロセッサ
<メモリ> 1GB RAM


6.Band-in-a-Box 18
 値段:11,188円(アマゾン)
 動作環境:
<対応OS> Windows XP / Vista / 7※
<CPU> Pentium 400MHz以上
<メモリ> 512MB以上


7.Music Maker 3
 値段:12,903円(アマゾン)、
 動作環境:
<対応OS>Windows7、WindowsVista、WindowsXP Home/Professional※32bit版のみ利用可能
<CPU>1.2Ghz以上(Intel Pentium 4 2.0GHz以上推奨)※マルチコアCPUに対応(ASIO、ダイレクトサウンドのどちらかを使用時)
<メモリ>512MB以上(1GB以上推奨)


8.SEQUEL 2
 値段:16180円(アマゾン)
OS:Windows XP Professional (SP2)、XP Home Edition (SP2)、Windows Vista、Windows 7
<CPU>CPU:Pentium / Athlon (2GHz:desktop / 1.7GHz:mobile)、Core Duo 1.6GHz 以上
<メモリ>:1GB 以上

 色々調べているうちに、お腹いっぱいになってしまった。(←意味不明だが、要するに疲れたのだろう)
 眠たくなってきたので、検討は明日以降に延ばそう、っと…バッド(下向き矢印)眠い(睡眠)
--------------------------
 上記の内容は自分のソフト検討のために調べたものです。多分合っているとは思いますが、購入等検討されておられる方は、直接アクセスしてお調べください。値段も刻々と変化していますので…。

from iZo Arts

右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 21:35 | Comment(0) | DTMソフト、機材等について | 更新情報をチェックする

2010年10月04日

初心者用 DTM ソフトを探す2


 前回は、とりあえず今手に入りそうな初心者用DTMソフトを値段順に並べた。今回は環境(pc)に優しいソフトをソートしてみようと思う。(私のpc環境:シングルコア14inchモバイルパソコン)


1.Band-in-a-Box 18
<CPU> Pentium 400MHz以上
<メモリ> 512MB以上

2.Mixture
<CPU> Windows 7 / Vistaの場合、Intel(推奨)および互換プロセッサ / 1GHz以上(推奨1.7GHz以上)
Windows XPの場合は、Intel(推奨)および互換プロセッサ / 800MHz以上(推奨1.4GHz以上)
<メモリ> 512MB以上(Windows 7 / Vistaの場合は1GB以上)

2.Singer Songwriter 6.0 Lite
<CPU>Intelおよび互換プロセッサ / 800MHz以上(推奨1.4GHz以上)
Windows 7 / Vistaの場合は、Intel(推奨)および互換プロセッサ / 1GHz以上(推奨1.7GHz以上)
<メモリ>512MB以上(Windows 7 / Vistaの場合は1GB以上)

2.ACID Music Studio 8.0
<CPU>1 GHz プロセッサ
<メモリ> 1GB RAM

3.Music Maker 3
<CPU>1.2Ghz以上(Intel Pentium 4 2.0GHz以上推奨)※マルチコアCPUに対応(ASIO、ダイレクトサウンドのどちらかを使用時)
<メモリ>512MB以上(1GB以上推奨)

3.Music Maker 3 乗り換え版
 (同じものにつき省略)

4.Music Creator 5
<CPU/クロック >Pentium 互換プロセッサ/1.6GHz以上(Windows XP)、2.0GHz以上(Windows Vista/ Windows 7) ※Pentium 3.0GHz以上またはCore?プロセッサを推奨
<メモリー> 1GB以上(64ビット版Windows 7は2GB以上)※2GB以上を推奨

4.SEQUEL 2
<CPU>CPU:Pentium / Athlon (2GHz:desktop / 1.7GHz:mobile)、Core Duo 1.6GHz 以上
<メモリ>:1GB 以上


 メーカーさんのうたい文句を信じれば、上記の順番になるはず。

<所感>
 Mixture は現在使っているので対象外。Singer Songwriter 6.0 Lite は Mixture の姉妹品なので、今回は省こう。Sequel 2 はコストが一番高く、要求pc環境も高いので没。
 CPF(コストパーフォーマンス)から行くと、Music Creator5 に飛びつきたくなるが、要求されるpcの動作環境は高いので没。
 環境への優しさから行くと、Band In A Box 18 がダントツに優れている。

<結論>
 現在、私のpc環境で使えそうなのは次の4つ:


・ACID Music Studio 8.0(11,165円)
・Band-in-a-Box 18(11,188円)
・Music Maker 3 (12,903円)
・Music Maker 3 乗り換え版(7,768円)


 ソフトがなるべく軽く動作するのを望むなら:

・Band-in-a-Box 18
・ACID Music Studio 8.0
 


 アメリカンミュージック(ジャズ、ブルース、カントリー)を中心にやるのなら:


・Band-in-a-Box 18


 現在使っているソフトがあり乗り換えられるのであれば:


・Music Maker 3 乗り換え版


 とりあえず、Music Maker 3体験版をダウンロードしてみようかな…。
----------------------
 以上はあくまでも私見です。

from iZo Arts


右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 17:48 | Comment(0) | DTMソフト、機材等について | 更新情報をチェックする

2010年10月06日

Music Maker3 体験版をダウンロードしてみた


 Music Maker3(以下、MM3と略する)の体験版があるのは本当にありがたい。もしソフトを買ってしまって、いざ使おうとしたら自分のPCでは作動しないなんてことになったら目も当てられない。
 ダウンロードに実に25分もかかった。700メガ超の巨大ソフトだ。
 インストールして起ち上げる。起ち上げ時間は40秒ぐらいか。無事起ち上がる。
 起ち上げるとすぐに、デモ演奏を読み込んで聞くことができる。ボーカルの入ったロックって感じ。
 ここで気になることがあった。CPUメーターが振り切っているのだ。デモを止めると60%ぐらいの稼働率まで落ちる。

 メイン画面はすっきりしているし、マニュアルなしでも大体分かる。動作も軽い。好印象。
 まず、自動作曲機能を使ってみた。体験版ということでロックしか選択できないようになっていた。私はあまりロックが好きではない(好きなロックもあるが)ので他のものを聞いてみたかったが…、残念。
 とりあえず、超短い、ロックっぽくない曲を自動作曲してみた。面白いのは、楽器の他にボーカルも入いっているのだ。(←おじさんは遅れているのでボーカロイドとか知らないんだ)



 バックが寂しいのは、ドラム、ギター、シンセ、ベース、その他を大幅に省いたからだ。それらを入れると完全にロックになってしまうのだ。
 ループシーケンサーも分かりやすい、ドラッグ&ドロップでどんどんつなげて行けばよい。
 が、ここでもCPUメーターが振り切っている。何もしなければ60%辺りでウロウロしているが、ループ素材を試聴すると100%に一気に跳ね上がって降りてこない。

 次に、多重録音をしてみた。
 が、ここでもCPUメーター振り切れ状態。Cubase の時は3重録音辺りからあやしくなってきたが、MM3は最初から最後まで振り切れているのだ。
 2重録音までしたところでやめた。
 CPU使用率が100%ということは、車で言えば、エンジン回転数がレッドゾーンの手前で走りっぱなし、と同じだ(と思う)。エンジンが(pcが)壊れてしまうのではないか、と心配になってきたのだ。
 エフェクター、シンセサイザーが多彩なので、少しいじってみた。
 が、ここで、ついに完全ハングアップ。全く入力を受け付けない。やむなく電源ボタンを押した。

 うーん、最低動作環境が512メガメモリー、CPU1.2Ghz以上のはずだが、私のPC環境では、このソフトは動かないようだ。やはりデュアルコアpcでないと無理なのか…??
-----------------------------------
<後の追記>上記の、MM3にボーカロイドが入っているような記述がありますが、ボーカロイドではなくループ素材としてボーカルが入っていることが分かりました。私の早とちりでした。<(_ _)>
from iZo Arts
タグ:MusicMaker3

右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 13:39 | Comment(0) | DTMソフト、機材等について | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

Music Maker3 体験版で曲を作ってみた


 MM3のハングアップで意気消沈していたが、気を取り直して、せっかくダウンロードしたのから、ハングアップ覚悟で1曲作ってみることにした。
 その前に、メンテナンスをしておこう。

Glary Utilities(フリーで使えるPCメンテナンスソフト)

で、PCの中のお掃除をしてもらった。
 うん、PCも喜んでいる(ような気がする)。実際、起ち上げがスムーズになり、pc稼働率も幾分下がっているように思う。(定期的にやった方がいいのは分かっているのだが、つい忘れてしまう。)
 今日は、MM3のループ素材で何か作ってみよう。と言っても、体験版ということで、ロック用の素材しかない。
 しょうがないので、ロックっぽい曲を作った。いや、作ったというよりも切り貼りごっこをした、って感じだ。イメージとして、色々な形や色を適当に並べて一枚の画に仕上げるような感じ。

 題名は、「Ojisan Dance」、やはり超短い曲。




 何とか今日はハングアップせずにやれた。CPUメーターも95〜98%辺りでウロウロしていたので、Glary Utilitiesの効果がほんの少し出たのかな(?)
 うーん、このソフトはすごいソフトかも知れない。今風の曲を作るにはもってこいかも。
 私のようなオールドタイプ(←要するにおじさんタイプ)の人には向いてないようにも思える。それに私のpcでは荷が重すぎる。
 最後にMM3体験版を使っての感想:


 可能性豊かなソフトだと思った。操作性は文句なし!マニュアルなしでも使えるが、マニュアルも分かりやすい!


  速いpcを持っていればの話だが…ふらふら
-----------------------
 前回、MM3にはボーカロイドが着いているのか?、というご質問があり、色々調べていくうちに、どうも違うらしいことが分かりました。私の早とちりでした。m(_ _)m
 ループ素材として、ボーカルが入っているのだと思います。ただ、ボーカル(楽器も)のピッチをいじることができるようです。(まだ使いこなせてませんので、はっきりとしたことは言えないのですが)
 なにぶん、初心者に限りなく近い状態ですので、時々まちがっていることがあると思いますが、どうか大目にみてやってください。
 なお、MM3のくわしい情報は

MM3の公式ホームページ

を直接お調べになってください。サンプルソングも沢山あるので、どれだけのことができるのか大変参考になると思います。
 

from iZo Arts
タグ:MusicMaker3

右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 14:43 | Comment(2) | DTMソフト、機材等について | 更新情報をチェックする

2010年10月08日

Acid Music Studio 8体験版をダウンロードしてみた


 Music Maker3 は素晴らしいソフトだと思う。が、自分のpc環境ではちょっときびしい。Acid Music Stadio(ソニー)(以下、AMS8 と略す)も無理なのだろうか…。
 ダウンロードしてインストール。そんなに大きなソフトではないのでダウンロードも速かった。インストールも難しくない。
 起ち上げると、デモを聞くか、操作手順チュートリアルに進むか訊いてくる。
 デモを聞いてみよう。…今風の若向けの曲だなぁ。テクノかな。問題なく聞けた。
 さて、何をどうやっていいのかサッパリ検討がつかないので、「操作手順チュートリアル」を開いてみた。
 うーん、字が小さい、老眼の私には見えないよぉ。IEのように字を大きくできたらいいんだが…。
 我慢して、読んでみる。
 うーん、チープな私の頭では分かりづらい。字が小さいのと相まって、疲れる。

 先ほどから、CPUメータをちょくちょく見ているのだが、何とずーっと振り切っている。そ、そんなぁ〜、まだ何もやってないのに…。
 あまり続くと良くないので、一旦終了する。(ひょっとして私のpcがおかしいかも知れないと思ったから)メーターは一気に20%辺りまで降下した。やはり、このソフトも無理なのか…。
 その後何度か起ち上げたけども、やはり100%に張り付いて全く降りてこない。
 しょうがないか、自分のpcがスペックが低すぎるんだな、と一旦放置。
 ところが、である。
 ちょっと録音だけして音を確かめようと起ち上げてみると、50〜60%で推移している。録音すると、また100%になるんだろうな、と思いながらギターを録音。やはり、50〜60で推移。
 おかしいな。試しに多重録音してみるか。
 2重…同じ、3重…同じ、4重…やはり50〜60%
 これは一体?? こうなったら6重録音してやれ…あれぇ〜?? 同じだ。CPUメーターが壊れたのか?ありえないな。
 不思議なことに、それ以後100%に張り付くことはなくなった。一瞬100%に行ってもすぐに80%以下に下がる。
 その後、再現してみようと色々やってみたがダメだった。原因不明のまま安定してしまった。(もちろんいいことなんだが…)
 ラッキー!
 ループ素材を適当に貼り付けて作ってみよう。としたが、ない。あっちこっち探してみたが見つからない。うーん、ないんだろうか…、体験版には。
 うーん、これではどんな感じの曲ができるのか分からないなぁ。MIDI打ち込みをするのは、ちょっと邪魔くさいしなあ。
 ま、いいかぁ〜
 とにかく、私のチープなノートパソコンでも使えることが分かっただけでも収穫だ。6重録音してもOKだと分かったし。

<2,3時間触ってみた感想>
 操作性はいいし、分かりやすい。(「操作手順チュートリアル」を読まない方が分かりやすい)動作も軽い。チープなpc環境にはありがたいソフトだ。
 ウィンドウが独特だが、使いやすい。うまく言えないが、端が固定されたフローティングウィンドウで、どこに行ったか分からないということがなく、自分の好みの構図にするのが簡単。この点はいいなぁ、って思った。(普通、ミキサーとかを開くと、自分の見たいものが見えなくなり、位置を決めるのに四苦八苦するのがこれでスッキリする)
 今の時点ではこれ以上のことは分からない。肝心のどんな曲が制作できるのかが分からない。製品版で使い込んでいかないと無理かも知れない。せめてサンプル曲が2,3曲ダウンロードできればありがたいのだが…。
from iZo Arts

右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 18:23 | Comment(0) | DTMソフト、機材等について | 更新情報をチェックする

2010年10月09日

生ギターの録音比較してみた

 前回までで、

Mixture
Cubase LE5
Music Maker 3
Acid Music Studio 8

の雰囲気は大体つかめた。もう初心者用ソフトを体験するのはやめた。づがれだ〜ちっ(怒った顔)
 Sequel 2 は体験版はあるのだが、必要動作環境がきびしいのでテストするのはやめた。
 Music Creator 5 と Band-in-a-Box18 は体験版がないのでどうしようもない。


 そこで、上の4つのソフトの録音実験をしてみた。面白いことが見えてきた。

<生ギター録音聞き比べ実験>
・機材
 pc:シングルコアノートPC(2Gメモリー,80GバイトHD)
 オーディオインターフェイス:タスカム US-122MKII
 マイク:ソニーECM737(ワンポイントstereo,コンデンサーマイク)
 楽器:ギブソンハミングバード(ライトゲージ)
・曲
 デタラメ(G→Am7→D→G→Am7→D→G)
  ボディアタック音、ストローク音、フィンガリング音、ハーモニックスを演奏した
・録音状況
 マイクはワンポイントステレオ、オフマイク録音。ソフトはデフォルトのままいじらず、一旦wavファイルで保存し、Sound Engine(フリーソフト)でノーマライズした。
 演奏は、なるべく同じような演奏になるように努力したが、毎回少しずつ違うものになってしまった。ふらふら


1.Mixture



2.Cubase LE5


3.Music Maker 3


4.Acid Music Studio 8


5.Audacity(フリーソフト)


6.SoundEngine(フリーソフト)



 私の感想は、SoundEngine がダントツに美しいと思った。和音のひびきを完全に捕らえているように思う。次が Audacity。あとはそれぞれ音が違うが、生音とは遠いな、と思った。私にはエレアコギターに聞こえる。
 今回知ったのは、

 SoundEngine

のすごさだった。これがフリーソフトだとは…。
 ただ、ひたすら録音することしかできないが…。

from iZo Arts

右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 17:32 | Comment(0) | DTMソフト、機材等について | 更新情報をチェックする

2010年10月10日

初心者用DTMソフトの評価


・Mixture
・Mixture Basic(Mixtureの廉価版)
・Music Maker 3
・Acid Music Studio 8 
-----------------------------
・Cubase LE5…初心者用とは言えないが、持っているので入れた
・(SoundEngine)…フリーの波形編集ソフト
・(Audacity)…フリーの録音ソフト
 上記のソフトを使用してみて、これからソフトを導入しようとしている人になったつもりでオススメのソフトを選出してみたいと思う。
 ★印は私の「オススメの一本」だ。


A.ロースペックPCしか持っていない場合(と言ってもあまり古いPCでは無理だが)
1.超初心者(DTMは全くと言っていいほど知らない)の場合
★Mixture Basic(Mixtureの廉価版)
 Mixture
2.初心者、もしくはDTM挫折経験者(難しいソフトはイヤだという人)の場合
★Mixture
 Acid Music Studio 8
3.きれいな音で一発録音したい(例えば、クラシックギターをマイク一本で一気に録音するとか)
★SoundEngine
 Mixture
 Mixture Basic
 Cubase LE5
 Music Maker 3
 Acid Music Studio 8 
 Audacity
4.楽器やボーカルの多重録音したい人
★Audacity(フリーソフト)
 Mixture
 Acid Music Studio 8
5.midiも多重録音もやりたい場合
★Mixture
 Acid Music Studio 8
6.自称アーティストにふさわしいものが欲しい場合
 なし

B.そこそこのハイスペックPCを持っている場合(A.と重なってしまう部分が多いが)
1.超初心者(DTMは全くと言っていいほど知らない)の場合
★Mixture Basic(Mixtureの廉価版)
 Mixture
2.初心者、もしくはDTM挫折経験者(難しいソフトはイヤだという人)の場合
★Music Maker 3
 Mixture
 Acid Music Studio 8
3.きれいな音で一発録音したい(例えば、クラシックギターをマイク一本で一気に録音するとか)
★SoundEngine(フリーソフト)
 Mixture
 Mixture Basic
 Cubase LE5
 Music Maker 3
 Acid Music Studio 8 
 Audacity
4.楽器やボーカルの多重録音したい人
★Audacity(フリーソフト)
 Mixture
 Mixture Basic
 Acid Music Studio 8
 Cubase LE5
 Music Maker 3
5.midiも多重録音もやりたい場合
★Music Maker 3
 Mixture
 Mixture Basic
 Cubase LE5
 Acid Music Studio 8
6.自称アーティストにふさわしいものが欲しい場合
★Music Maker 3


 上記は、あくまで私一人の意見だ。それぞれ素晴らしいソフトなので、使う人の目的やレベルによっては全く異なったものになるに違いない。
 最後に、今私がメッチャ欲しいソフトは

 Music Maker 3ぴかぴか(新しい)

だ。何か底知れない可能性を感じる…。(自称)アーティストにはたまらない1本だ。
 でも、私のPCでは無理なのだぁ〜もうやだ〜(悲しい顔)バッド(下向き矢印)たらーっ(汗)
-----------------------------
<後の追記>
 上記、B.の「4.楽器やボーカルの多重録音したい人」の欄で、★印のついているAudacityでは多重録音は無理、ということが分かりました。(できないこともないらしいですが、ちょっと現実的でないので)★印をはずしてください。あとのソフトはどれでもOKなのですが、無理矢理1本あげるとしたら、Cubase LE5 かな、って感じです。初心者向けのみで考えたら、Music Maker 3 かな。でも、どれでも大差ないように思います。
-----------------------------
<さらに追記>
 上記の Mixture Basic なのですが、かなり音源が省かれているようなのです。その上、マニュアルもファイルのようです。2千円位の差ですので、私としては、どうせ買うなら Mixture の方が良いと思います。とにかく安い方がいい、というなら別ですが…

from iZo Arts

右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 18:01 | Comment(0) | DTMソフト、機材等について | 更新情報をチェックする

2010年10月12日

DTMはRPGだ おじさんの日記


 DTMをやり出すと、色々な困難にぶつかる。楽器もやり出すときりがないほどの困難に見舞われるが、DTMは幅広い知識が要求されるし、音さえも出ない、というような悲惨な状況にぶつかる。
 とにかく思ったことができないのだ。ちょっとしたことが引っかかって前に進めなくなる。
 しょうがなく、IEを起ち上げて情報を探しまくる。それが以外と難しい。色々な宣伝サイトに阻まれ、なかなか欲しい情報にたどり着けない。
 やっとたどり着いたと思って、それを確かめようとすると、また新たな疑問が湧いてきて、悶々としたりする。
 情報あさりばかりやっていると、

「一体俺は何をやろうとしたんだっけ?」

ってな感じになる時もある。

 あることに気づいた。これはゲームなんじゃないか。決してエンディングのないRPGなんじゃないか。
 そう考えると、困難があるのが当たり前、色々な謎に頭を悩ますのは当たり前だ。それがゲームをやる意味なのだから。
 困難もなく、すぐにエンディングまで行ってしまうゲームなんてつまらない。
 まさに、超ムズイRPGゲームだなぁ。
 街で情報を集め(インターネットで情報を集め)、謎を解き(不具合の原因を見つけ)、姫を助けるためにダンジョンで戦い(良い音楽を作るために色々な困難と闘い)、宝物を見つけ(いいフリーソフトやナイスな方法を見つけ)、武器を買い換え(いい環境作りや、良いソフトに鞍替えし)、レベルを上げる(DTMのレベルを上げる)。
 一つ違うのは、敵に勝ってもお金がゲットできない。お金が出ていくばっかりだ。ちっ(怒った顔)
 要するに、

 RPGなんだから困難を乗り越えるのが楽しみにならなくちゃぴかぴか(新しい)

の精神で行かないといけないんだよな。いつまでたっても良い音楽ができないから、楽しみも先送りさされて、馬の面にニンジン状態でいられる、ってわけだから、感謝しないとなぁ。
 変な理屈かも知れないが、何だかまたファイトが湧いてきた。グッド(上向き矢印)


    かくして、おじさんの珍道中は続く… 晴れ

from iZo Arts

右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 17:46 | Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年10月13日

KRISTAL をダウンロードしてみた


 多重録音ができるという、KRISTAL AUDIO ENGINE (以下KURISTAL)をネットで見つけて、さっそくダウンロードした。
 アメリカなのか、ヨーロッパ(ドイツ系の国かな?)なのか、HPもソフトもぜーんぶ英語。中学の英語から止まっている私にはいささか大変。あせあせ(飛び散る汗)

 <余談>しゃべれなくてもいいから、せめて英語が読めたら、世界が全く違って見えるかも知れないなぁ。今更英語を勉強するのもつらいし、こんなことならもっと勉強しておけば良かったなぁ。(←おそい!)


 何か、かっこよさそうなソフトで期待に胸ふくらませる。
 先日、Audacity(波形編集ソフト)で多重録音を試みたが、かなりのレイテンシ(遅延)があり、手動で合わせてみようと移動したりしたのだがうまく行かず諦めた。
 多重録音でリズムがずれたら意味がない。だから、真っ先に起ち上げてそれを調べてみた。結論は:

 ない!

 メトロノームを録音し、それをスピーカーで鳴らし、それを次々に多重録音してみた。完全にリズムが一致したからまちがいないだろう。(多分)
 ルンルンわーい(嬉しい顔)。これさえクリアーできれば後は音質。このあいだやった初心者向けDTMソフトの録音実験と同じことをやってみた。(この実験、mp3に圧縮すると分かりにくい、という欠点があった。せっかくの和音の広がりがゴッソリ消えてしまうのだ)




  感想は、優しい、良い感じの音で取れているように思う。SoundEngineと同等のきれいさだと思う。ただ、どちらが生の音に近いかと問えば、やはりSoundEngineに軍配があがりそうだ。
 KRISTALは


 KRISTALのホームページ


からダウンロードできる。真ん中辺の、

 Download KRISTAL 1.0.1 (06/01/2004) for Windows (3.51MB)

というのをクリックし、指示に従っていけばいい。(ただしオールイングリッシュ)
 しかし、有り難いことに、


 KRISTALの日本語マニュアルHP


を、てつさんとおっしゃる方が翻訳しアップしてくれている。ありがたやー。
--------------------------
 このマニュアルによると、ウィンドウズ標準のデバイスだと遅延がひどいそうです。従って、オーディオインターフェイスとそれに対応したASIOドライバーを持っていないと多重録音は困難、もしくは無理ということになりますので、注意が必要です。

from iZo Arts
タグ:KRISTAL

右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 17:00 | Comment(0) | DTMソフト、機材等について | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

マイプレイ no.1 おじさんの演奏

録音日時:2010年10月某日某時間
録音場所:某家屋 in Japan
 使用ソフト:Cubase LE5、Kristal Audio Engine
演奏:yuusan & iZo Arts(=Ojisan)
 yuusan:バンジョー、第1ギター
 iZo Arts:フラットマンドリン、ベース、第2ギター




-----------------------------
 マイプレイ、とは言えませんが、アワープレイ(Our Play)、ってのも変なので、一応マイプレイにしました。yuusan のバンジョーとギターをもり立てたつもりですが、どうかな?(邪魔してるだけかもわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)
 前にCubase LE5で5重録音したものを、Kristal Audio Engineに読み込み、それにギターを重ねてみました。Kristal は操作性がいいとは言えないですが、私のノートパソコンでも快適に(CPU使用率が30〜50%)動きます。
 薄ーくリバーブをかけ、イコライザーをいじりました。(リバーブとイコライザーはKristal に標準でついているものを使いました)
 エフェクター類は使っていません。と言うか使い方がよく分かりません(汗)
from iZo Arts


右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 21:06 | Comment(0) | マイプレイ おじさんの演奏 | 更新情報をチェックする
Copyright 2010- おじさんのDTM