★お知らせ★ ご来訪ありがとうございます
・ピアニカは提供元が打ち切ったので終了しました(-_-)。

2010年11月01日

ベートーベンの曲に挑戦しよう おじさんの日記


 「おじさんの演奏」シリーズで発表しようと、ベートーベンの曲に挑戦し始めた。
 と言っても、本格的なものではなく、有名な部分のほんのさわりを私流に勝手気ままに編曲、演奏するだけだ。感情を込めて弾いたつもりだったが、プレイバックしてみると、ペターンとしてただ弾いているだけに聞こえる。
 うーん、やはりクラシック奏者の演奏はすごい!私には到底できない。無理なものは無理と、さっさと諦めて、自分流にやるしかない。英語もそうだが、楽器をちゃんと弾こうとすれば、莫大なエネルギーが必要だ。
 自己流で、自己満足の演奏に酔いしれる方が健康的だ。(←実は、弾けるようになりたいくせに、負け惜しみだな!)
 DTMをやろうが、楽器をやろうが、自分の持っているもの以上のことは絶対できない。それを認めるのはつらいが、これが人生だぁ。無い物ねだりはやめておこう、っと。(←ま、50年以上生きてきたからな、まともな意見だ)


 今回録音してみて、改めて、SoundEngineの音の良さに感心している。要するに、素(す)の音をなるべく忠実に再現しようとしているだけなのかもしれない。他のソフトは、何かいじっている。それはそれでいいのかも知れないが、私はどうもダメだ。素朴なギターの(あるいは他の楽器の)音を聞きたい。
 今の若い人達は、CDの音を聞いて育っているので、それが一番いい音に聞こえるのかも知れない。が、私には昔の古い録音の方がいい音に聞こえる。私が古いのかも知れないが。
 息づかい、体の動き、指の動きがそっくりそのまま聞こえる録音が好きだ。まるで、目の前で演奏しているような…。
 昔(40年ぐらい前かな)、オーディオショップで聞いたジャズが忘れられない。サックスの長さ(大きさ)、演奏者の立っている位置、リズムを取っている体の揺れ、ドラムの形、ベースの大きさや形などがハッキリと分かった。演奏者の身長まで分かるのだ。
 何時間聞き続けても、耳は全く疲れない。じーっと座って、いつまでも聞いていたいと思ったものだ。(ショップの店員さんも見て見ぬふりをしてくれていたなぁ)

 いかん、いかん、また無い物ねだりだ…。過去を懐かしむのは御法度だぁ。パンチむかっ(怒り)
 とにかく、今ある機材、ソフトでどこまでできるか、一歩一歩、亀のごとく進んで行こうか…


右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 21:06 | Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年11月06日

お役立ち便利ソフト1 Monica


 ★CPUメーター:Monica( upRiseさん)

 CPUメーターはDTMをやる際、必需品だ。特に私のように、シングルコアノートパソコンを使っている者にとっては、DTMは過酷なことをPCに強いている。目一杯CPUを使うので、常にこのメーターを見ている。
 ちょうどレーサーがタコメーターを常に見ているのと同じだ。(←次元が違うだろ!)レッドゾーンに入り続けたらエンジンを壊してしまう。PCも100%辺りを続けると危険だ。止めるなり、何なりの対処をしなくてはならない。CPUメーターは私にとって必需品だ。
 かといって、あまり至れり尽くせりのものや、カッコイイビジュアルメーターは、今度はそれ自体がCPUの負担になってしまう。

 そこで、このソフトの出番だ!(←どこかの宣伝マンみたいな書き方だな)

イメージ072.jpg 使用中はこんな感じ→(私はタスクトレイを右横に立てている)数字の22はCPU使用率を表している。80%を超えると赤い表示に変わる(レッドゾーンで要注意)。オプションで、100%が続くと点滅させることもできる。

<このソフトの良い点>

1.メチャ軽い!…タスクトレイに常駐させても、本体が27kしかないのでメモリーを圧迫しないし、CPUにも負荷をかけない。しかし、必要十分の機能。
2.無料である…ありがたやー<(_ _)>
3.簡単、手間いらず…インストールして、オプションメニューからスタートアッププログラムに登録する、にチェックを入れるだけ。

 このソフトは:

upRise さんのHP

からダウンロードできます。
右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 18:32 | Comment(0) | DTMにちょっと便利なソフト | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

お役立ち便利ソフト2 SoftTuner


★楽器チューナー:SoftTuner(渡辺成身さん)

 PCに楽器演奏を録音するとき、絶対いるのがチューナー。持ち運びできるチューナーでもかまわないが、手元にないとき取りに行くのが邪魔くさい。(←なんという不精者!)それに、ベースなどは差し替えたりするのが意外と邪魔くさい。(←怠け者!)PCでチューニングができたら楽ちんだ。

 そこで、このソフトの出番だ!

tmeta.jpg メイン画面はこんな感じ右斜め下


<このソフトの良い点>
1.軽い!…本体は265kbで、立ち上がりも速く、DTMソフトを起ち上げた状態でスムーズに動く
2.無料である…ありがたやー<(_ _)>
3.操作が簡単…起ち上げていきなりチューニングができちゃう。
4.チューニングがしやすい…私の持っている携帯用チューナーよりもチューニングしやすい。反応がよく、正確にチューニングできる。
5.音も出せる…色々な基準音を色々な高さで(周波数で)出せる。耳でチューニングする人もOK。


 このソフトは:

「窓の杜」さん

からダウンロードできる。
 


右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 19:48 | Comment(0) | DTMにちょっと便利なソフト | 更新情報をチェックする

2010年11月09日

Music Studio Producer で録音してみた


 10月29日のブログで、Music Studio Producer(以後MSP) を使おうとしてくじけたことを書いた。その後も気になって、何とか録音実験だけでもできないか、とヘルプを読みながらトライした。
 何とか、例の生ギター録音実験をすることができた。驚いたことに、今までの録音実験の中で最も良い音で取れた。



 一見(一聞)、同じような音に聞こえるが、ボディを叩いたときの音や、ハーモニックの音にハッキリと違いが出ている。和音の響きも気持ちいい。

 10月16日付けのブログの各ソフト採点表では、ダントツでSoundEngine だった。

1位:SoundEngine…100点
2位:Kristal Audio Engine…88点
3位:Audacity…82点
4位:Reaper…78点
5位:Cubase LE5…74点
6位:Mixture,Music Maker 3,Acid Music Studio 8…71点

 しかし、ここにMSPが入るとガラッと変わってしまう。MSPには100点以上をつけるしかない。

1位:Music Studio Producer…115点ぴかぴか(新しい)
2位:SoundEngine…100点
3位:Kristal Audio Engine…88点
4位:Audacity…82点
5位:Reaper…78点
6位:Cubase LE5…74点
7位:Mixture,Music Maker 3,Acid Music Studio 8…71点


 うーん、何とかMSPが使いこなせればいいんだが、私の頭の出来が悪いらしく、やはり難しいソフトだ。(ヘルプのヘルプがいる…トホホ…)
 しかし、1位、2位が日本のソフトだなんて、すげぇな日本の技術は、やはり。(私一人だけの採点表に過ぎないが…)しかも、フリーソフトとは。
 「猿でも分かるMSP講座」か何かないかなぁ。もうやだ〜(悲しい顔)
 (↑お猿さんにしつれいだ!)


右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 17:35 | Comment(2) | DTMソフト、機材等について | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

お役立ち便利ソフト3 Glary Utilities


 何か最近PCの動きが遅く感じる、ということがある。DTMをやる上で、PCが潤滑に動くことは必須だ。
 ネットで調べると、どうもソフトのインストールやアンインストールを繰り返しているうちにそうなるのだそうだ。スピードを戻すには、そのためのユーティリティを実行するしか手がないようだ。(もしDTMをやっていなくても、やった方がよいようだ)


 そこで、このソフトの出番だ!


 メイン画面はこんな感じ↓
 

イメージ077.jpg


<このソフトの良い点>
1.操作が簡単…ワンクリックで必要なメンテナンスをやってくれる
2.復元機能もある…もし、実行して不安定になったら、以前の状態に戻せるそうだ(復元センター)。私はその経験はないが…。
3.無料である…ありがたやー<(_ _)>(ただし、個人利用限定で、有料版もあるのでまちがえないように)


<このソフトの注意点>
 ヘルプが英語…しかし、下記のサイトにインストールから使い方まで懇切丁寧な説明がある。ありがたやー<(_ _)>


フリーソフト100さん

-------------------------------
 色々なところで紹介されているので、もうすでに導入して使っておられる方が多いかと思いますが、知らない人もいるかも知れませんので紹介してみました。


右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 13:47 | Comment(0) | DTMにちょっと便利なソフト | 更新情報をチェックする

2010年11月14日

ジャズは超ムズイ! おじさんの日記


 ベートーベンの曲にトライしているのだが、それをよせばいいのに、ジャズ風に仕立てようなどと始めてしまい、頓挫。カッコヨクやってやろう、なんてスケベ心が身の破滅。
 あこがれのジャズをやれるようになりたくて、練習した時期もあったが、これは一筋縄では行かない。泥沼にはまっていく。アドリブがアドリブになってない。ただダラダラと音を並べてるだけ。
 理論も読んでみたが、結局練習してそれを身につけないと、ただのジャズ解説者に陥る。そういう人が非常に多いのも、ジャズの世界。結局、できないんだから、早く諦めればいいものを、ついやってしまう。
 「練習不足だから、練習すれば何とかなるに違いない」などと考え出す。途方もない練習が待っているというのに。ゴルフといっしょで、練習すればほんの少しだけジャズっぽくなるが、すぐに次の壁が見えてくるのだ。壁を壊しても壊しても、また壁がある。「な、なんじゃぁ、こりゃぁ〜〜」状態。しまいに、

 やー〜〜ーめたっ、っとふらふら

と叫んで放り出す。何度繰り返せば学習できるんだ、このおっさんは。とにかく、

 ジャズは超ムズイ!

んだぁ、ホント。

 ま、いいかぁ〜〜わーい(嬉しい顔)

 ところで、このブログの訪問者がもうすぐ1000人を超えそう。最初は、1000人が目標だったので、3桁にしていたのに、あわてて4桁に変更した。
 こんなおっさんのボヤキ、つぶやきを読んで下さってありがたい。その上、にほんブログ村ランキング(DTM,MIDI部門)で、堂々の3位。投票してくださった方々に感謝、感謝。
 もう2度とない可能性もあるので、記念撮影した。(←ほとんど、田舎から観光で出てきて東京タワーの前で記念撮影するおっさん状態だな)

burogumura.jpg

------------------------
 アップしようとしたら、1000人を超えていました。こんなブログに来ていただいて恐縮です。本当にありがとうございました。
<(_ _)>
 こんな記事しか書けませんが、これからもよろしく〜

右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 15:21 | Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

マイプレイ no.3 おじさんの演奏


録音日時:2010年11月某日某時間
録音場所:某家屋 in Japan
使用ソフト:Kristal Audio Engine,SoundEngine,Mixture,itune
使用ハード:シングルコアノートpc+Tascam US-122MKII+Sony ECM-737(ワンポイントマイク)
演奏:おじさん(bass,guitar)、Mixture(drum)
楽器:フォークギター(ギブソンハミングバード)、ベース(LEGEND  LJB-X)
曲目:ジャジーなソナタ(ベートーベンピアノソナタ「悲愴」第2楽章より)
編曲:おじさん



 クリスタルでの多重録音第2弾。ベートーベンピアノソナタ「悲愴」第2楽章のさわりの部分を拝借。ジャズ風(ジャズではない)に弾いてみた。
 ドラムのハイハットはMixtureで作りそれをwavにして、クリスタルにペッタンと貼り付けた。最初のギターソロは、SoundEngineで録音し、クリスタルにドラッグ&ドロップ。wavにして、SoundEngineでオートマキシマイズ。それをituneでmp3変換。
 我ながら笑えてくるぐらい録音失敗ばかりだった。結局何テイクしても、絶対どこか間違える。ノーミスで録音できる日は来るのだろうか。(←来るわけないだろ)ミスしなかったのはドラムだけだ。(←あたりまえだろ!midiがまちがえるか!)
 今回も、

まっ、いいかぁ〜〜わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

という雄叫び後、終了宣言。(←もっと練習しよう、っていく気持ちはないのか!)

次、次、次、…次行こう!
-----------------------------
 前回のブログにも書きましたが、ジャズができたらいいなぁ、という程度の演奏でした。いつかもっとうまくなってかっこよくジャズをやりたいと思います(が、多分そう言う日は来ないでしょう)。


右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 21:16 | Comment(2) | マイプレイ おじさんの演奏 | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

お役立ち便利ソフト4 Disk Defrag


 DTMはPCに相当の負荷をかける。ハードディスクも同じだ。保存、削除を繰り返しているうちに、「ファイルの断片化」というのが起こり、アクセスに時間がかかってしまう。
 ネットの意見では、定期的にやるのがベストだとか。しかし、この作業は時間がかかるうえ、やっている最中は何もできない。何とかならないものか、…。

 そこで、このソフトの出番だ!


 メイン画面はこんな感じ↓

Auslogics Disk Defrag(対応OS:2000/XP/Vista/7)

イメージ080.jpg

<このソフトの良い点>
1.操作が簡単…2クリックでOK
 操作手順:
  1.デフラグ、最適化したいドライブ(例えばC:)を選ぶ
  2.解析、デフラグ、デフラグ最適化のどれかを選ぶ
2.無料である…ありがたやー<(_ _)>
3.速い!…私のPCしか知らないが、デフラグが10分ぐらい。(この点、巨大なドライブでどうかは分からない)。最適化すると、2時間かかった。
4.電源を切る機能がある…寝る前に設定して、この機能チェックしておけば、作業終了後電源を切ってくれる。朝、起ち上げてみると、そのレポートもちゃんと保存してくれている。


<このソフトを使ってみて>
1.やはり、PCの速度が上がっている。体感できる。
2.ディスクを読みに行く距離が短くなるからか、静かなPCになった。
 (実際に計測したわけではなく、私の主観です)

<このソフト使用の注意点>
1.ヘルプが英語…だが、心配はいらない。下記のサイトに分かりやすい操作説明がある。ありがたやー<(_ _)>

K本的に無料ソフトフリーソフト さん


--------------------------
 このソフトも色々なところで紹介されていますので、この情報もお役に立たないかも知れません。ご存じない方のために書きました。


右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 18:04 | Comment(0) | DTMにちょっと便利なソフト | 更新情報をチェックする

2010年11月20日

シーケンサーソフト DOMINO をダウンロードしてみた


domino01.jpg ネットを見てると、あっちこっちでDOMINOを使っている、って人が多く、気になってしょうがない。でも、また1からマニュアルを読むのもきついなぁ、という思いが邪魔をして、二の足を踏んでいた。
 こんなに有名なのだから、さぞかしいいソフトなんだろうなぁ。
 と、今日何故か思い切ってダウンロードしてみた。さっそく、インストール。2秒。起ち上げ1秒以下。めちゃはやっ!起ち上げた状態が左斜め上(クリックで拡大OK)。
 マニュアルも読まずに、Aの辺りをクリックしまくる。音が出ん!な、なんでやぁ〜、と叫んでいたら、Bの所に

 MIDI出力デバイスが設定されていません。[環境設定]から設定を行ってください。


というメッセージが、あるではないか。おおお、ありがたい。環境設定、のメニューを探すがない。ないときは、ファイルメニューか編集メニューにあることが多いので、Cのファイルメニューを開く。
 あるある。環境設定。MIDI出力デバイスをポチッ。音源がないことは知っているので、いつも使う「Microsoft GS ナンタラカンタラ」を選んでおけばどうにかなるだろう。音源定義ファイルも同じものを選んでおけば大丈夫だろう。すると、


 ナンタラカンタラ〜、新規作成しますか? はい、いいえ


と出てきたので、よく分からんが、はい、をクリック。
 さっき何も音が出なかったAの辺りをクリック。

出る出る出る音が!演劇

 笑いが止まらん。その勢いで、Aの横の空欄を適当にクリックすると、どんどん音符(音符というか音程というか)が置いて行かれる。
 2小節ぐらいデタラメに打って、さっそく上の方にある、PLAYマークをクリック。

出る出る出る音が!るんるん

 笑いが止まらん。なんていう簡単なソフトなんだ!私のようなチープな頭には持ってこいだな。
 ここで、ヘルプ(F1キーを押す)を見る。ふむ、ふむ、今私がやったことを丁寧に分かりやすく書いてくれている。おお、感動!。
 まだ、数頁しか読んでいないが、マニュアルが非常に分かりやすい。かゆいところに手が届く、って感じがする。
 ちょっと、このソフトしばらくいじってみよぉ〜、っと。わーい(嬉しい顔)手(チョキ)
--------------------
 ちょっとはしゃぎすぎ↑ですが、マニュアルもスッキリしていて好感が持てるソフトだな、と思いました。作者は、「たかぼー」さんとおっしゃる方です。HPのトップ、

TAKABO SOFT


へアクセス>Windowsソフト>ツール一覧>DOMINO公式サイトへ(クリックして進む)

をご覧下さい。無料で(ありがたやー<(_ _)>)ダウンロードできます。

タグ:DOMINO

右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 16:53 | Comment(0) | DTMソフト、機材等について | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

おじさん、ヅガレダァ〜 おじさんの日記


  あるフリーソフト(以下Aと呼ぶ)の評価を例のやり方(レイテンシ検査、音質検査)でやろうと思った。レイテンシ検査用のファイル(ただメトロノームなどの打楽器を8小節録音したもの)は前に使ったものがあるのだが、DOMINOの練習もかねて新しく作った。
 ところが、Aはwavファイルしか読めないことに気づいた。DOMINOはmidiしか扱えない。当たり前なのだが、これが素人の恐ろしさ。頭の中では繋がることになっているのだった。
 ネットで検索。
 midi→wav変換するソフトがいっぱいあって、どれを使えばいいのか分からないまま、適当にxrecodeIIというのが簡単そうなのでダウンロード。
 確かに簡単なのだが、もっと簡単な方法があった。なーんだ、itunesでできるじゃないか(ただ、私のPCでは荷が重く、大きなファイルだとハングアップ寸前になるときがある)。このitunesは、wav,mp3,midiを相互変換できるようになっている。(他のファイルもOKだが、必要ないので調べてない)
 やっとできあがったwavファイルをさっそく貼り付けて多重録音してみた。

ガーーンむかっ(怒り)

 ほとんど馬が数頭走っているような状態(複雑な遅延音)。解決方法をネットで検索したら、ただ「つまんでずらせばいい」とのこと。
 確かにそうなのだが、うーーーーん、邪魔くさーい。
 エネルギーが枯渇。やーめたっと。諦めて、次行こう、次。
-----------------------
 いやー、疲れました。でも、得るものもありました。midi,wav,mp3の関係がよく分かりました。Mixtureなどのソフト内では、あまり気にせずにやれてしまうため頭がそういう風にできてしまっていたのでした。一歩外に出る(Mixtureから出る)と、何もかも自分でやっていかなければならない厳しい世間でした(笑)。

右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 16:26 | Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
Copyright 2010- おじさんのDTM