★お知らせ★ ご来訪ありがとうございます
・ピアニカは提供元が打ち切ったので終了しました(-_-)。

2011年05月02日

うーむ、やる気が出てきたが… おじさんの日記


 やっと、何か、ムズムズとやる気が湧いてきた。創作意欲というか制作意欲といくか、そういう感じのものだ。(←へーぇ)
 が、…。
 肝心のPCが娘のもので、勝手に使っていたのだが、ここに来てPCを解放してくれない。
 うーむ、やりかけの曲が娘のPCにあるんだよなぁ。自分のPCに転送してやれればいいんだが、悔しいかな私のPCでは肝心のソフト(Cubase LE5)が動かない。娘のPCの方がスペックが上なのだ。
 せっかく良い感じで曲ができるなぁ、なんて思っていたが…。


 で、行き詰まった末に、衝動買いしてしまった。な、なんとかの有名な:

Band-In-A-Box 18 for Windows


を。(←なんかソフトのせいにしてるだけじゃないのか!)
 去年の夏に「予算を3万円」に決め、紆余曲折しながらやってきたが、ここに来て、ついにその掟を破ってしまった。値段は(送料、手数料込み):


10,098円


也。(オンラインショップ ecカレント)

 一体、このソフトが自分のPCで動くのか、使えるのか、なーんにも分からんが、


まっ、いいかぁ〜 (^o^)


右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 18:05 | Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2011年05月03日

ピアノで盛り上げてみたぁ CubaseLE5

 
 前回のブログで、CubaseLE5 が使えないと書いた。曲の制作途中のファイルが残っていて、もったいないので記事にしてみた。
 曲作りCubaseLE5シリーズの最後のアップから随分時間がたってしまった。
 
 ギターがバックだが、サビの部分で盛り上げるためピアノを入れてみた。



 一見複雑なことをやっているようだが、コード内の和音を上がったり下がったりしているだけである。(←なーんだ!)
 
タグ:Cubase LE5

右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 20:27 | Comment(2) | Cubase LE5 | 更新情報をチェックする

2011年05月05日

ボーカル入れてみたぁ CubaseLE5

 
 バッキングの大体の感じはできたので、あとは、ボーカルと間奏、エンディングだ。
 まずボーカルを入れてみた。テイク1を入れて聞き直してみると、何とも元気がない。(←要するに若くないのさ)
 気を取り直して、テイク2を入れてみた。その時、テイク1をミュートするのを忘れてプレイバックしたので、テイク2とダブってしまった。
 ところが、そのダブりが何となくいい。エコーをかけたような感じになるではないか。うーむ、いいんじゃないのかなぁ。(←幸せだな)
 
 


 
 テイク2とテイク1が微妙にずれているのが気持ち悪い。
 歌詞も24小節を33小節に延ばしたので、適当に継ぎ足してみた。が、これがぱっとしない。同じような歌詞ばかりが続く感じ。
 ピアノもなんかリチャードクレイダーマン演奏って感じだなぁ。
 

 まぁ、いいかぁ〜わーい(嬉しい顔)
 
-----------------
 Cubase LE5 のシリーズ、今回で一旦終了します。作りかけで頓挫です。理由はPCの関係でどうにもこのソフトが使えないからです。ちっ(怒った顔)
 そのうち、いいPCが手には入ったら再開するかもしれません。
 

タグ:Cubase LE5

右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 16:42 | Comment(4) | Cubase LE5 | 更新情報をチェックする

2011年05月07日

Band-In-a-Box が来たぁ

 
 連休前に注文していた、
 

 Band In a Box 18 for Windows
 
が我が家にやって来たぁ〜↓ わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
 
bib18.jpg 
 
 ボックスを開けたらBand-In-A-Boxが出てきたー。(←つまらんシャレだ)
 このソフトの売りは:
 
アイデアの宝庫!作曲・アレンジはBand-In-a-Boxにおまかせ!
どんな音楽も簡単3ステップで自動作曲
イメージがすぐ形になるから、曲作りが楽しくてしょうがない!
 
 たったの3ステップで自動作曲かぁ…うーむ、楽チンそうだなぁ(←単純)
 曲作りが楽しくてしょうがない!かぁ…へぇーひらめきいいね、いいね(←ど単純)
 
 こんな方にオススメとある:
 
・とにかく作曲・編曲したい方へ…自動で作曲・編曲します
・楽器練習のカラオケ作成に…あっという間に伴奏完成
・ジャムセッションに強くなりたい方へ…伴奏ならおまかせ
・ビデオやWebにBGMが欲しい方へ…Band-In-a-Boxで作った曲は著作権はあなたのもの
・デモテープを作りたい方へ…コード進行を入力するだけで数秒で出来上がり
・耳コピしたい方へ…オーディオファイルを読み込んでコードネームと構成音を表示
・音楽の勉強をしている方へ…あらゆる音楽のエッセンスを目と耳で確認できる
 
 うーむ、何だかすごいソフトのようだな。
 
 これでおじさんも作曲、編曲自由自在だぁ〜わーい(嬉しい顔)
     (↑ 超単純なおっさんだな)
 

タグ:Band-in-a-Box

右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 20:18 | Comment(4) | Band-In-a-Box 18 | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

Band-In-a-Box をインストールしたぁ

 
 次の日、さっそく箱を開けると、2枚のDVDとBand-In-a-Boxの分厚いマニュアル、RealBand(多分、別のシーケンサー?)のうすーいマニュアル、若干のインストール手順、注意書きが入っていた。
 しかし、このマニュアルの分厚さ、
 
半端ねぇ〜がく〜(落胆した顔)
 
 352頁、びっしり書いてある。わ、わ、わ、読む気しねぇ〜。
 マニュアルはさておき、インストールしてみる。手順は簡単だが、結構時間かかる(30分ぐらい)。
 マニュアルも読まず、さっそくダブルクリック。すると、
 
イメージ087.jpg 
 
という画面。
 うーむ、midiドライバの設定かぁ、何だかゴチャゴチャ書いてあるなぁ。意味わかんねぇ。(←読めよ、おっさん)
 マニュアルを開く。…、ますます分からん。おじさんの頭はチープなのだ。誰でも分かるようにしてくれぇ〜。
 何でもいいから、そのままOKボタンを押す。すると、(←いくねぇよ)
 
ナンタラカンタラ、〜mに設定しますか?

と訊いてきた。さっぱり分からんが、OKボタンを押す。(←おいおい、いいのかよ)


 おおーっ、かっけぇ〜画面が立ち上がったぁ〜わーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
  (クリックで拡大OK↓) 
イメージ088.jpg 
 
 で、どうすんだぁ〜?? ま、いいかぁ、寝ようっと眠い(睡眠)。(←もう寝るのかよ)
 

タグ:Band-in-a-Box

右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 22:57 | Comment(0) | Band-In-a-Box 18 | 更新情報をチェックする

2011年05月09日

とりあえず曲を入力してみる Band-In-a-Box

 
  インストールから起ち上げまで無事終了したものの、さて、何をしていいのか分からない。
 そこで、e frontier さんがYouTubeにアップしていただいている、レッスンビデオを見てみる。↓
 


 
 このレッスンのまねをしてみる。コード進行は、CubaseLE5で作りかけで頓挫している、「君の元へ」を使おう。コード入力はキーボードから簡単に入力できるので楽ちんだ。

(クリックで拡大OK↓)
イメージ090.jpg
 
 スタイルは、何だか分からんが、
 
 ドリーミーポップロック
 
というのにしてみた。ドリーミーポップロックの意味は、「夢のようなポップとロック」になるが、よく分からん。ま、いいかぁ。
 


 
 何だか、ハモンドオルガン(?)が前に出すぎ!ビービーうるさいなぁ。ま、いいか。

 しかし、確かに簡単だなぁ。今まで使ったソフトの中では一番簡単だ。特に、コード入力が抜群に入れやすい。気持ちよく、スッスと入っていく。スタイル指定も簡単だ。
 
 さて、ここから何をすればいいんだぁ〜?(^_^;)
----------------------
現在のDTM環境:
 14インチ、シングルコアノートパソコン(OS:Vista) のみ
----------------------
 初心に戻って、ノートパソコンだけで始めてみました。これからDTMやってみたいなぁ、と思われる方にご参考になればと思いました。
 

タグ:Band-in-a-Box

右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 16:53 | Comment(4) | Band-In-a-Box 18 | 更新情報をチェックする

2011年05月10日

ソロプレイを入れてもらう Band-In-a-Box

 
 伴奏はできたが、何をすればいいのか分からない。メロディを入れたいがどうしたらいいんだぁ?
 マニュアルを読むのが邪魔くさいので、しばらくレッスンビデオをまねてみるか。
 再びe frontier さんがYouTubeにアップしてくださっている、レッスンビデオを見てみる。↓

 

 
 むむ、ソロというのはアドリブのことだな。メロディが欲しいんだがどうしていいか分からないのでこのレッスンのまねをしてみる。
 ビデオと同じで、テナーサックスを選び、できたのがこれ↓
 
 


 
 サックスのサウンドはいい。が、リズムがジャズだし、ブルース系の音が入ってるなぁ。ま、いいかぁ。わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)
 バックと合ってないが、サウンドもアドリブのフィーリングもいいねぇ。ジャズかブルース系ならピッタリだな。いつか役に立ちそうだ。

 まだ、なーんにも使えないが、初心者に優しい、いいソフトかも知れないな。何か楽しいソフトだ。ルンルン揺れるハート
 

タグ:Band-in-a-Box

右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 22:46 | Comment(0) | Band-In-a-Box 18 | 更新情報をチェックする

2011年05月13日

マイヒットパレード1(洋楽版) おじさんの日記

 
 毎年年末に「餅つき」を仲間とやる。餅つきが終わったあと慰労会をやる。その時、必ず歌う唄がある。それが、


 Stand by me


だ。この曲を聴くと、色々な想いが重なって涙が出そうになる。
 子供の頃や中、高校時代、友達と色々な冒険をした。臆病者のくせに恐いもの見たさで、今想うとゾッとする経験もした。その時友と共有したことは一生忘れられない。
 と言っても大したことではない。自転車で四国一周旅行、深夜登山、下水口のトンネル探検、ビニールボートでの海の横断…バカげてるがその頃は真剣だった。
 ボートがひっくり返り溺死しそうになったり、山奥で道に迷って夜になり途方に暮れたことなど…。
 しかし、そう言う経験は深い感動とともに蘇る。この歌の映画の場面や、友との数々の友情の場面も。この歌を聴くと、一気にタイムワープしてしまう。


 
 ところで、この曲は意外と演奏するのがムズイ。普通の感覚でリズムを刻むと何だかパッとしない。歌いにくい。
 打ち込みも同じだ。日本人にはムズイリズムだ。
 楽譜通りベースを打ち込むと:

 

 

 これを楽譜にすれば:

bass1.jpg 
 
 1拍目をスタッカート気味に、2拍目の裏から入る気持ち遅らせると良い感じになる。歌も歌いやすくなり、独特の感じが出てくる↓。(と思う):

 
 
 なんて偉そうなこと書いているが、実はリズムは悩みの種だ。特にジャズ系の曲は打ち込みではお手上げだ。一瞬たりとも同じリズムを刻まないのだ、ジャズは。シンコペーション、アンティシペーションの大量販売、って感じ。
 うーん、おじさんの悩みの種はつきない…ふらふら
 


右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 22:51 | Comment(2) | マイヒットパレード | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

メロディを入れてみた Band-In-a-Box


 マイソング「君の元へ」のバッキングにメロディを入れようと、ピアノロールウィンドウを起ち上げた。ところが、どっこい勝手が今までのピアノロールと違う。マニュアルを読めばいいんだが邪魔くさーい。ちっ(怒った顔)
 そこで、しょうがなく音符入力ウィンドウに切り替えた。音符が苦手な私なので、たった1コーラス入れるのに随分時間がかかってしまった。
↓(クリックで拡大)
音符入力.jpg
 
 うーん、ソフトによって使い勝手が違うのはつらい。また1からマニュアルを読むと思うと萎える。他の使い慣れたソフトで入力しコピーした方がいいのかも知れないが…。
 音符入力…普段、音符を意識したことがないものにとっては、つらいなぁ。
 しょうがないかぁ…。
 
 さっそく聞いてみると、エレキのサイドギターとハモンドオルガンがどうにもうるさい。目立ちたがり屋のバッキングをする人には去ってもらった。(←ただトラックをカットしただけだろうが!) 他のバンドで頑張ってくれ、とだけ言っておいた。(←だから、違うだろ〜!)
 で、生ギターのサイモン君には残ってもらった。(←勝手に名前をつけるな!)彼のストロークはグーだね。(←だから、ただの音源だろうが〜) うちのバンドで今後もやってもらおう。(←デリートしない限り居続けるだろうが)
 できたのがこれ↓
 
 


 

 次は、歌を入れてみるかぁ、それとも…??
 
----------------------
現在のDTM環境:
 14インチ、シングルコアモバイルパソコン(OS:Vista) のみ
----------------------
 

タグ:Band-in-a-Box

右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 21:20 | Comment(0) | Band-In-a-Box 18 | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

イントロを入れてもらったぁ Band-In-a-Box


 いきなりメロディが始まるのも変なので、イントロを入れた。いや、実際にはBand-In-a-Boxが入れてくれたのだが(汗)。
 Band-In-a-Boxだと、イントロは楽ちんだ。[Intro]ボタンを押すと、次々とアイデアを音にしてくれるので適当に選べばいい。
 で、できたのが下図(8小節)↓
 
イントロつき.jpg
 
 


 
   なかなかカッコイイイントロじゃんぴかぴか(新しい)

 やめてもらったオルガン奏者とサイドギターリストが頭をかきかき戻ってきたので、「全体の音をしっかり聞くこと、目立ちたいだけのオブリガートはやらない」という約束で再び参加してもらった。(←ミュートボタンをはずしただけだろうが!)
 
 冗談はさておき、Band-In-a-Boxには普通のDTM、DAWソフトには必ずある、トラック編集ウインドウ(トラックが縦にズラッと並び、カット&ペーストをしたりする)やミキサーらしきものが見あたらない。
 これには面食らった。どこかにあるのかと探し回ったがない。しょうがなくマニュアルをペラペラとめくってみるが、見つからない。ひょっとしてどこかにあるんだろうか…。
 どうも、画面左上部の部分がそれに当たるものらしく、そこでボリュームやパン、ミュート、リバーブなどが操作できるようになっていた。先ほどのギターリストやオルガニストを引っ込めたり再登場させたりしたのもこの部分で行った。
 例えば、ピアノのボタンをクリックしてから右クリックすると消音したり、ソロ演奏にしたりできるウィンドウが開く。
 (クリックで拡大OK↓)

bb.mixer.jpg

----------------------
現在のDTM環境:
 14インチ、シングルコアモバイルパソコン(OS:Vista) のみ
----------------------
 

タグ:Band-in-a-Box

右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 20:57 | Comment(3) | Band-In-a-Box 18 | 更新情報をチェックする
Copyright 2010- おじさんのDTM