★お知らせ★ ご来訪ありがとうございます
・ピアニカは提供元が打ち切ったので終了しました(-_-)。

2012年12月03日

Podium Freeで1曲目を制作する


 Zynewave Podium 2.42の基礎的な使い方は大体分かった。では、さっそく曲作り、と行こう。
 「Podium Free にトライ」シリーズ途中で、実験的に打ち込んだ曲、

 じーさん上のアリァ〜

を完成させよう。(↑そんな曲あるのか!)
 実は、バッハ様の作られた「G線上のアリア」そのものだが。(←なんでぇ!)
 すべてベタ打ちなので、どうせつまらん曲が出来上がるだろうな、と思ったら、あら不思議、結構聴ける曲になっているではないか。(←ほんとかよ!)
 どうしても気になる点だけを修正した。曲のイメージが変わるところが繋がった感じがするので(クラシック用語でテヌートって言うんだっけ?スラーだっけ?)、少しその前後だけレベルをいじってみた。演奏を一旦切ったような印象を出すため。
 それと、最初のグーッと入るところをレベルを少しずつ上げていった。(クレッシェンド)これをやらないと、バッハ様にぶん殴られる。
 あとは、何もいじっていない。なのに、この波が打ち寄せてくるような感じがするのは、バッハ様の天才的なアレンジ力なんだろうなぁ。脱帽。

<Levelの編集>
 ミキサーでザッとやった後の修正をするときに、ハンドルをいじるときれいな曲線が出来やすい(いや、以外と難しい)。ポイントを移動したり、ハンドルをいじったりして何とか納得するカーブを作るしかない。
1autohennshuujakennne.jpg

<Levelをいじる>
 一番最初、曲調の変わり目、エンディングなどをいじった。
2levelsetteidesu.jpg

<マスターエフェクト1>
 イコライザーをセット。低音が弱いので、かなり上げた。最高音部も少し上げ。
3zpeqdazei.jpg

<マスターエフェクト2>
 リバーブをセット。少し小さめだが、天井高めの結婚式なんかに向いていそうな西洋風教会をイメージ。あといっぱいスイッチがあるがよく分からないのでいじっていない。
4reverbdesse.jpg

<パンを振る>
 4人の演奏家(第1バイオリン、第2バイオリン、ビオラ、チェロ)。普通はチェロが一番右なんだろうけど、低音が端に行くとバランスが悪く、しょうがなく真ん中近くに持ってきた。
5pantokavolumetoka.jpg

<今日のワンテイク>
 バッハ様の曲、「G線上のアリア」

 誰もが知っているこの曲。イ・ムジチ合奏団の演奏などを聴くとあまりの違いに愕然とするが、ベタ打ちでやったわりにはいい感じになったと思う。(←自画自賛だろ!)
 これは、もともとのアレンジが素晴らしいのと、VSTi(DSK Virtuosso)の音がいいからだと思う。
 何はともあれ、Podium Free での1曲目が完成した。わーい(嬉しい顔)
----------------
 <ご注意>上記記事は、私の個人的な意見です。まちがっている点もあるかも知れませんので、その点ご了承ください。
タグ:Podium Free

右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 11:35 | Comment(0) | Podium Free | 更新情報をチェックする

2012年12月05日

Podium Freeで2曲目を制作する01


 Zynewave Podium Free を使っての二曲目。
 前に Studio One Free で作り始めたのだが、頓挫。その理由は、アコギやバイオリンのソフト音源があまりにも…、かと言って Studio One Free は他の音源を使えない仕組みになっていたからだった。どこかに音源の使えるフリーのDAWはないかなぁ、と検索していたら、Podiumってのがそうらしいということでダメ元でやってみたら、おお、これは使えるひらめき
 ってなわけで新曲はPodiumで作ることにした。
 大した量じゃないが(最初から打ち込んでも大したことないが)、せっかくStudio One Freeで打ち込んだのだから、それをPodiumで使えないか模索してみた。
 まず全てを選択してD&Dしてみたがダメだった(当然か)。
 次に一旦MIDIファイルで保存して、それを読み込む方法を取った。うまく行った。しかし、何故か1オクターブ下になっていた。理由はよく分からない。

<Studio OneからMIDIファイルに書き出す>
1midihozonnsitazo.jpg

<MIDIファイルをPodiumに取り込む>
2mididanddja.jpg

<音源をセット>
 今のところ、音源がDSK VirtuosoとMATNITRONしかないので、アコースティックギターのあるDSK Virtuosoを選択。
3sourcesiteisita.jpg

<1オクターブ上げる>
 取り込んだファイルは何故か1オクターブ下だった。しょうがないのでドラッグして引き上げる。
4pianorolldeageru.jpg

<イベントに名前をつける>
 別につける必要はないかも知れないが、知っておいて損はないと思う。
5Sequencenamechangesa.jpg

<今日のワンテイク>
 レンダリングしてみた。

 むむっ、これは、また、何とも…な音だなぁ。チェンバロと大正琴を混ぜたような…。DSK Virtuosoのバイオリンやチェロはいい音だが、どうもアコースティックギターは…。検索してみたら、どうもあまりいいギターのVST音源はなさそうな雰囲気だ。ダミーギターだから、ま、いいかぁ…ふらふら
 しかし、DSK Virtuosoの弦楽器に出会えたことは、Podiumにトライした価値はあったなぁぴかぴか(新しい)
----------------
 上記記事は、私の個人的な意見です。まちがっている点もあるかも知れませんので、その点ご了承ください。<(_ _)>
右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 18:34 | Comment(2) | Podium Free | 更新情報をチェックする

2012年12月10日

VSTプラグイン覚え書き1


 これから増える(かも知れない)プラグインの自分用覚え書きを作っておこうと思った。

<MATNITRON>
1matnitronda.jpg

・楽器:バイオリンのみ
・特徴:簡単
・個人的好み度:80点
サイト
・Podium Free(DAW)との相性:100点
・メモ:
・関連記事:Podium Free にトライ6

<DSK Virtuoso>
2dskvirtuosoja.jpg

・楽器:ピアノ、弦楽器、管楽器など、全45種類
・特徴:6つのレイヤーを使う。エフェクト内蔵。
・個人的好み度:90点
サイト
・Podium Free(DAW)との相性:80点(保存時に固まる時あり)
・メモ:弦楽器(バイオリン、チョロなど)が大変いいぴかぴか(新しい)。DSKのサイトにはフリーのプラグインがいっぱいある。
・関連記事:Podium Free にトライ6Podium Free にトライ7
----------------
 上記記事は、私の個人的な意見、記録です。まちがっている点もあるかも知れませんので、その点ご了承ください。


右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 14:21 | Comment(2) | VSTプラグイン | 更新情報をチェックする

2012年12月11日

Podium Freeで2曲目を制作する02


 前回アコギの音が少し寂しいなぁ、と思ったのでネットで探した。すると、こういうのがあった:

1spicyGuitardazo.jpg

 スパイス(唐辛子?)のマークのVSTiだ。何か良さそう。さっそくダウンロード。スタンドアローンでも動くので、本体はアプリケーションのあるフォルダ、プラグインは自分のセッティングしておいたフォルダに登録。
 そして、Podium Freeで使ってみた。

<Spicy GuitarをPodiumに認識させる>
 Rebuild でなくとも Updateでもいいのかも知れないが…。
2spicytouroku.jpg

<SouceをSpicy Guitarにする>
 4つの選択肢があるが、その違いはよく分からない。とりあえず、3番目のSpicy Guitarにした。
3spicyguitardaa.jpg

<Guitarの音質を調整>
 クラギ、フォーク、フラメンコギターなどを選べるようになっている。ウィンドウ上部真ん中の+マークを選ぶとウクレレなんてのも出てくる。あとは音質の微妙な調整もできる。スタンドアローンでやる場合やキーボードで録音する時に便利な機能も付いている。(キー割り当てがしてあって使用可能)
4onsituketteida.jpg

<音質を決定する>
 色々いじってみたが、結局ピッキングする位置と手引き〜ピック引きの調整だけしてあとはデフォルトにしておいた。
5onsituugokase.jpg

<今日のワンテイク>
 同じ曲なので、前半の一部だけに端折った。エフェクトなどはかけず素の音だ。

 うーむ、なかなかええんでないかぇわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)。ダミーギターで使うにはもったいないな。

 サイトのデモ曲も掲載しておこう。(←サイトに行けば聴けるからいらないだろ!)



 な、なんかええ曲やなぁ。
 ええい、ついでに使い方のビデオも掲載だぁ、こちとら江戸っこでぃ。(←だからサイトに行けばあるだろうが!)
 ピアノのペダル的な使い方の説明があったりなんかする。



----------------
 上記記事は、私の個人的な意見、記録です。まちがっている点もあるかも知れませんので、その点ご了承ください。


右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 15:07 | Comment(0) | Podium Free | 更新情報をチェックする

2012年12月13日

Podium Freeで2曲目を制作する03


 spicy guitar(前回記事参照)でも十分だと思うが、16/SNOWさんオススメの"Independence Free"のアコギが気になる。(12月5日記事のコメント参照



 むむっ、いい音だなぁ。
 しかし、導入が難しそうだし、使用法も難しそう。特に、最近Yellow Toolsという会社からMagixという会社に管理が移ったようで、導入法も変わった、とか。
 無理か…。でも使ってみたい。やはり無理か…。しかし…。(←どっちなんだ!)

 で、ダメ元でトライしてみることにした。

<MAGIXのホームページへ
                      MAGIXのホームページ
 右上にイギリスの国旗がある。ということはイギリスのソフトなのかな?
00majixhpsane.jpg

<Independence FreeのページからDLページへ>
01indehpjaken.jpg

<セキュリティ文字入力してDL>
1magixdownloadda.jpg

<インストールソフトを立ち上げる>
 ダウンロードされたファイルはインストールソフトなので、それをダブルクリックすると下記ウィンドウが開く。何もさわらずContinueをクリックすると、超長いダウンロードがあり、インストール場面へと続く。
 本当に「光」なんだろうか…、と思うほど遅い。メチャ遅い。途中でやめるとやっかいなことになりそうなので最後まで行ったら、ほとんど寝ぼけていて、インストール場面などのピクチャーを撮るのを忘れてしまったがく〜(落胆した顔)
 どこにインストールするか、などのやりとりが途中にあったのは憶えているのだが…。
2installmanagerda.jpg

---------------
 以下、マジで寝ぼけていたので間違っているかも知れません。<(_ _)>
---------------

 インストールはごく一般的なものだった。同意しますか、とか、これでいいか、とか、ダウンロードフォルダはここでいいか、とか…。ただ、VSTプラグインをどこに入れるか、という問いがあったような、なかったような…。忘却。

 で、とにかくインストール成功かわいい

<Independence Freeを起ち上げる>
 気がつくと、デスクトップにIndependenceのショートカットがあった。で、さっそくダブルクリックしたら、こんなウィンドウが出た。な、何じゃこりゃぁ〜ちっ(怒った顔)
3activatebamensa.jpg

 内容は、

・Independence Pro のアクティベート(登録)するためのシリアルナンバーを使うために[Activate]をクリックせよ。
・あるいは、[Continue in Free Mode]をクリックせよ。いつでもpreference menuからアクティベートできる
・もしIndependence Pro を今すぐ買うんだったら[Buy online]をクリックせよ。

というようなことだと思われる。シリアルナンバーなんか持ってないし、…、買うわけに行かんし、フリーなんだから、

 Continue in Free Mode

(フリーモードで続ける)にしておいた。Ask me later と言う手もあるが、毎回訪ねられてもなぁ。
 ま、いいか。先に進もう。

<オーディオとMIDIの設定>
 これはオキマリのパターンだ。自分のオーディオインターフェイス(TASCAM US-122MKII)で押せ、押せ。
4shokisetteiindeja.jpg

<Independence Freeが起ち上がった>
 おお、カッコイイ! 下の鍵盤をドラッグするとピャララララーーン、って音が鳴った。うむ、いい音だなぁ!
 MIDI キーボードでも鳴らしてみる。ピャララララーーン。イェイ! いいじゃなーーいぴかぴか(新しい)
05standalondesse.jpg

 とりあえず、一件落着。「勘定奉行にお任せあれぇ〜わーい(嬉しい顔)」(←軽すぎ!)

 ところが、このあととんでもないことに巻き込まれていくのである。何も知らないのんきなおじさんであった。
 (つづく…)
----------------
 上記記事は、私の個人的な意見、記録です。まちがっている点もあるかも知れませんので、その点ご了承ください。


右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 19:56 | Comment(0) | Podium Free | 更新情報をチェックする

2012年12月14日

Podium Freeで2曲目を制作する04


 ふと、Independence ってどういう意味だろうと調べてみたら、「独立、自立」なそうな。ということは、映画のインディペンデスデーは独立日(独立記念日?)という意味だったんだな。知らなかった。

 んなことはどうでもいいな。

 前回で、"Independence Free"をなんとかDL&インストールできた。ホッわーい(嬉しい顔)。ダメ元で始めたとは言え、あの超長いDLとインストールが無駄になるのはつらい。正直、安堵である。
 ちゃんと音も出た。
 が、それはスタンドアローンで動く"Independence Free"だ。Podiumで使えなきゃ意味がない。さっそく使ってみよう。

 と、…、?、VSTPluginはどこに? 一体どこにインストールされたんだ!
 一瞬目の前が真っ暗になる。(←ちょっと大げさじゃねぇかぁ?)
 何か間違えたのだろうか…、ま、また1からやり直しかと思うとゾッとする。
 そうだ、どこかにインストールされているかも知れないと思い直す。ファイル検索ソフトで、Independence.dllを探す。
 あったぁ! Cakewalkのフォルダに入っていた。よかったぁ…、しかし何故Cakewalkなんだろうか…。と、そういえば、インストールの途中で、「自動でプラグインフォルダを探してインストールしますか?」というような問があったことを思い出した。
 あの時、「イエスマン」よろしく、Yes,Yesで進んだのが悪かった。Noを選択して、手動でインストールすればよかったのだった。
 むむっ、しょうがない、手動で(D&D)マイプラグインフォルダに移動。
 よし、これで行けるはず。多分。

<PluginをPodiumに認識してもらう>
 あちゃぁ〜、また出てきた、例のアクティベーションウィンドウ。分からないので、Continue in Free Mode を選択しておこう。
5plugindatabaseactivate.jpg

<Independenceを指定する>
6indepesouceni.jpg

<楽器を指定する>
 例のピアノになっているので変えてみたいが、どこをどうさわっていいのか分からない。…。あちこちポチポチッ押してみる。
 真ん中左上辺りに、click here to load Instrument という文字を発見。これに違いない。ポチッ!
7indepesetteigamen.jpg

<アコギを選ぶ>
 Acoustic Guitar Ballad & Origami を選択。しかし、Origamiっちゃ何だ? 折り紙と関係あるのか。意味が分からんが、ま、いいかぁ。
8indepegakkisentaku.jpg

<プログラム登録画面現る!>
 どひゃあ〜、何じゃこりゃぁ〜! 何の説明もない。一体どうしろと言うのだろうか。製品登録ボタンを押すも、ウンともすんとも言わず。
 ペケ印の横のメルアドに自分のメルアドを入れてみる。すると、製品登録ボタンがハイライトされた。おそるおそる押してみる。
09Seihitourokuda.jpg

<Register producutログインページ
 勝手にブラウザが起ち上がり、MAGIXの製品登録ページに放り込まれる。えらいことになったぁ〜。これは最後まで行くっきゃない。腹を決める。
 ログインせよ、ということだな。
9roguinbamen.jpg

<製品登録する>
 出た! 慎重に書き込んでいく。Finishボタンを押す
10registyo.jpg

<製品登録感謝画面が開く>
 製品登録ありがとう、というようなメッセージ。おお、うまく行ったようだ。メールが送られてくるようだ。
11registokyo.jpg

<メールを開く>
 メールを開くと来ている、来ている。シリアルナンバーもバッチリ載っている。これをコピー。
12emailsylialdatte.jpg

<アクティベーション完了!>
 コピーしたシリアルナンバーをペーストすると、やったぁ、最後まで行けたぞ。
13kanryoudesu.jpg

<今日のワンテイク>
 さっそくアコギを選んで、制作中の新曲を演奏させてみる。

 おおっ! いいじゃなーーいがく〜(落胆した顔)(←このギャグを知っている人は相当年配)

 打ち込みなのに、まるで打ち込みでないように聞こえるぴかぴか(新しい)。ヤベェ、マジわーい(嬉しい顔)
 長いインストールの疲れとイライラもこれで吹っ飛んだぁ!
----------------
 上記記事は、私の個人的な意見、記録です。まちがっている点もあるかも知れませんので、その点ご了承ください。


右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 20:21 | Comment(2) | Podium Free | 更新情報をチェックする

2012年12月15日

VSTプラグイン覚え書き2

 インストールしたVSTプラグインの記録(自分用)

<Spicy Guitar>
4onsituketteida.jpg

・楽器:ギター、ウクレレ、他
・特徴:簡単。ハーモニックスやベンドができる。
・個人的好み度:86点
サイト
・メモ:楽器選びや音質調整が視覚的で分かりやすい。音もいい。スタンドアローンでも使える。
・関連記事:Podium Freeで2曲目を制作する02

<Independence Free Magix版>
05standalondesse.jpg

・楽器:ピアノ、ドラム、ベース、ギター、エレピ、シンセ、パーカッション、オルガン、他
・特徴:レイヤーを使う。エフェクト内蔵。リアルな音源。
・個人的好み度:95点
サイト
・メモ:多機能(使いこなすのは大変かも)。スタンドアローンでも使用可。
・関連記事:
 インストール関連:Podium Freeで2曲目を制作する03Podium Freeで2曲目を制作する04
 レイヤー関連:Podium Freeで2曲目を制作する05Podium Freeで2曲目を製作する06
----------------
 上記記事は、私の個人的な意見、記録です。まちがっている点もあるかも知れませんので、その点ご了承ください。


右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 18:34 | Comment(0) | VSTプラグイン | 更新情報をチェックする

2012年12月17日

Podium Freeで2曲目を制作する05


 Independence Free 簡単なことなら何とか使えるようになった(かな?)。
 Independenceはマルチ音源でレイヤーを使うそうだ。が、そのレイヤーの使い方が分からず、ネットで検索してみたら、「虹の音色」さんが丁寧に解説してくれているのを発見(ありがたやー)。その記事(サイトの右欄カテゴリーのPodium Freeから行けます)を参考にさせてもらって、トライしてみた。
 新規プロジェクトを起ち上げたところから。

<SouceにIndependence追加>
 意味はよく分からない(仕組みがよく分かっていない)が、こうしないと音が出ない。Track1に本体が座るわけだ。
1indepemidioutja.jpg

<Track2にMIDI01をあてがう>
 これもよく分からないが、こうしないと音が出ない。あと同様に、トラックを増やしたぶんだけ、MIDI02,MIDI03,…とかませればいい。
2indepetrack1jane.jpg

それぞれのMIDIナンバー楽器指定する
 Track2(MIDI01),Track3(MIDI02)にピアノ、ベースをあてがった。画像にはないが、あとでTrack3(MIDI03)にギターをかませた。
3indepegakkisetteizone.jpg

<音量調整>
 Track1のIndependence本体を起ち上げ、ミキサーで調整。(Podium本体ではいじれない)
4indepmixrdesu.jpg

<今日のワンテイク>
 オキマリの「からす」を4小節だけ打ち込んだもの。

 Podium本体で調整できないのはちょっと不便だなぁ。オートメーションもできない。ま、しょうがないかぁ…。
----------------
 上記記事は、私の個人的な意見、記録です。まちがっている点もあるかも知れませんので、その点ご了承ください。


右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 17:34 | Comment(4) | Podium Free | 更新情報をチェックする

2012年12月19日

Podium Freeで2曲目を制作する06


 前回の記事で、マルチ音源をレイヤーを使って鳴らせるようになった。が、このやり方ではPodiumのミキサーが使えない。多少不便があるように思える。オートメーションも当然没。
 16/SNOWさんの情報で、マルチアウトという方法がある、とのこと。さっそくあっちこっちのサイトさんの情報を調べるも、私の知識が低いため、どうしても音が出てくれない。原理がよく分かってないのであるもうやだ〜(悲しい顔)
 しょうがなく、あっちこっちいじり倒しまくる。ああでもないこうでもない、これか、あれか、色々組み合わせをやってみる。ほとんどジグソーパズル状態だった。
 そして、ついに発見! あーしんど。
 以下その手順は、前回の記事からのつづき。

<トラックを二つ挿入する>
 挿入は一番下に出来た新トラックをドラッグすればOK。それぞれIndependenceをsouceにあてがう。
1trucksounyuujaa.jpg

<Independenceの設定>
 左のレイヤーはそのままでOK。ミキサーの中央部にあるAudio outをそれぞれStereo01,…02,…03にチェンジする。
2audiooutsetja.jpg

<プレイしてみると…>
 ちゃんと3つのトラックに信号が入っている!ぴかぴか(新しい)
3medetakuoutputdekita.jpg

 今回は3トラックだがもっと使いたければ上の方法で増やしていけばいいはずだ。

 出来てしまえば、なーーんだ簡単じゃん、でした。コロンブスの卵だなぁ。ヅガレダァ〜ふらふらバッド(下向き矢印)
----------------
 上記記事は、私の個人的な意見、記録です。まちがっている点もあるかも知れませんので、その点ご了承ください。


右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 15:00 | Comment(0) | Podium Free | 更新情報をチェックする
Copyright 2010- おじさんのDTM