★お知らせ★ ご来訪ありがとうございます
・ピアニカは提供元が打ち切ったので終了しました(-_-)。

2013年06月02日

ネットラジオ Voices from 7th Laboratoryを聴いて...


 昨晩、7th-labさん運営のネットラジオ:

 Voices from 7th Laboratory

があった。
 毎回、アマチュア DTMer の曲が放送されるが、今回は特にすごかった。中には、プロ?、って思うほどの方もおられたがく〜(落胆した顔)
 おじさんも「枯れ木も山の賑わい」で、頼み込んで入れてもらっているが、次回からは遠慮した方がいいかも知れないふらふら。(←そうだそうだ!)
 なーんてことはちっとも思っていないがわーい(嬉しい顔)。(←図々しい奴め)

 多くの方々が、えっちらおっちら曲を作っておられるのだなぁ…。おじさんも頑張らなきゃなぁわーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)

 新曲を作りかけて頓挫。いい感じの曲なので(←ただの自画自賛だろ!)何とか完成させたいと思うのだが、思えば思うほど寄り道したくなるのは何故だろう…。

 最近、ゲーム作りにはまって抜けられない。たとえつまらないものでも自分の作ったものが動くのは不思議な感じがする。「自分で作って自分でプレイして一人ではまる」、この不思議体験はクセになりそう。(←危ないぜ)

 今夜もVoices from 7th Laboratory出演バンドの演奏を聴きながらゲームをやるかな。(←おい、曲作りは!)
---------------------
 今回放送された全ての曲は、こちらから聴くことが出来ます。是非聴いてみてください。

右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 18:16 | Comment(11) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年06月05日

夢のマイミュージックルーム


 うー、とにかく狭い!がく〜(落胆した顔)

 私のミュージックルームは2畳。その中に大きな本棚が2つ、小さな本棚がひとつ、90cm×135cmの大きさの机、イスが2つ(ひとつはキーボードを載せている)。ギター(フォークギター2本、エレキギター1本、エレキベース1本、マンドリン1本、ミニギター1本、PC、ディスプレー、スピーカー、プリンター、アンプ。
 本棚と本棚の間にロープを渡し、それに楽器をぶら下げたりして対策しているがガマンの限界を超えている。
 これでギターを抱えて録音である。マイクセッティングもしなきゃならない。寿司詰め状態。呼吸をするのがやっと。(←うそつけ!)
 やっとの思いでセッティングしてチューニングして、さあやろうとしたら、電話がかかる。

 プルルルル…

ギターを抱えてそのまま電話口に走る。

 ゴンゴン(ギターを壁にぶち当てた音)

 ブチッ(血管切れた音)ちっ(怒った顔)

 うー、せめて4畳半ぐらいのルームが欲しいなぁ。

 そこでその夢をCGの世界に設計施工してみた。

1MyMusicRoom003aa.jpg

2MyMusicRoom003.jpg

3MyMusicRoom003bb.jpg

 いいなぁ、ロボおじさんもうやだ〜(悲しい顔)
---------------------
右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 16:26 | Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年06月07日

ニューマイカバーに向けて 2013.6


 前回のアップでは、滝廉太郎さんのカバーをやった。歌詞や編曲にまだ著作権があるとは驚きだった。しょうがなく詞を作り(作ったと言うより当てはめた感じ)、編曲も真反対の感じにした。好きでしたのではなく、しょうがなくだった。
 しかし、やり出すとこれが面白い。はまった。最初は違和感のあったutau(歌子ちゃん)やAquesTone2(リナちゃん)も、何だか不思議な感じが出て逆にファンになってしまった。くせになりそう。

 またカバーをやろうと思う。今度は前から好きだった曲。しかし、これも先輩Hさんの曲で、勝手にやるわけにも行かず躊躇していたが、思い切ってメールしてみた。
 すると、「煮るなり焼くなりお主の好きにせぇ」とのご返事。おお、ありがたやー。その上、Hさんの曲集冊子のコピーまで送って下さった。Hさんが若かりし頃に作った曲が40曲以上譜面付き歌詞つきで載っている本格的なものだ。

 まだ何もやっていないが、とりあえずリズムから作っていこうかな。オーソドックスなドラムとベース。ギターはエレキかアコギか、どちらにしようかな。あとピアノはハモンドオルガン風かな(そんなの音源になかったな)。バックコーラスは歌子ちゃんとリナちゃんに頼もう。

 先輩Hさんの曲を聴いていたのは35年以上前。当時スーパースターのHさんは雲の上の人で、私はステージの影で腕章をしてファンの整理をしていた。(←ほんとかよ!)
 というのは冗談だが(←冗談か)、それほど当時の私には「すごいなぁ」と思えたものだった。オリジナルをビシバシ作って、しかもそれぞれが名曲で、多くの方々がカバーしていた。
 私も秘かにカバーしていた。(←そうなのか!)
 自宅で。(←なんだぁ)

 やりたい曲の題名は:

 Ashiya-Cityぴかぴか(新しい)

だ。兵庫県の芦屋市を舞台にした曲だ。
---------------
 Hさん、色々ありがとうございました<(_ _)>

右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 22:18 | Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年06月12日

ニューマイカバー作り始める 2013.6.12


 前回の記事で紹介した先輩Hさんの曲:

 Ashiya-City

をエッチラオッチラ作り始めた。
 まずカラオケを作る。打ち込んでは聴き、聴いては打ち込む、地道な作業だ。

 Linaちゃん(AquesTone2)は、やはりこの5月31日で使えなくなっていた。ガッカリした。
 一応HPにアクセスしてみた。ら…、またダウンロードできるようにアップされているではないか! おお、何と優しき方だぴかぴか(新しい)
 さっそくダウンロード&インストし、問題なく使えるようになった。ありがたやー。
 Linaちゃんにはおじさんのバックでコーラスを歌ってもらうことにした。一言も文句を言わずけなげに歌ってくれた。(←そりゃそうだろ!)

 Podium Freeで作っているところ:
1podiumdekaraokesa.jpg

 カラオケ6割方出来上がった。ハモンドオルガンはいいのがないのでやめた。ピアノで代用。あとはギターのバッキング、ギターソロ、サックスの半分ソロのようなオブリガートを入れればカラオケの完成だ。

 で、問題は歌。本当に情けないが声が出ない。若い頃より2〜3度下が限界。その代わり低音が出るようになった。しかし、フランク永井のような低音だったらいいのだが、ただのもさい低音に過ぎない。(←フランク永井、って誰だ?)
 それに音程がガタガタ。もともと音感が悪いが、歳とともにますます磨きがかかってきた。(←何か表現おかしくね?)自分の音程が合っているのか、ないのかが分からないからお手上げだ。(←そりゃひでぇ!)

 ま、しょうがない、今の精一杯で歌うしかないもうやだ〜(悲しい顔)。(←何かいいわけ多くね?)
-----------
 AquesTone2はMacでの使用OKです。
タグ:Podium Free

右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 21:17 | Comment(2) | Podium Free | 更新情報をチェックする

2013年06月13日

ヤン坊マー坊天気予報のサイトが…


 あの

 ヤン坊マー坊天気予報

のサイトがこの6月いっぱいで閉鎖されるとのこと。ショックだどんっ(衝撃)
 この天気予報は私の子供時代の思い出と深く繋がっている。この曲を聴くとその頃のことを思い出す。
 居間の白黒テレビ、お膳、座布団、タンス、家族の食事…。昭和30年代〜40年代、日本が竜のごとく世界に羽ばたいて行こうとしていた時期。
 アメリカとソ連(現ロシア)が宇宙ロケットの開発競争で激しく火花を散らしていた。

 番組は、テーマ曲と一緒にアニメが流れて、簡単な天気予報が流れる短いもので、毎日やっていた。毎日見た。




 この曲は大好きで何度歌ったか分からない。今でもふと口ずさむ。いつかこの曲をリアレンジしたいなぁ、とさえ思っていたのに…。
 またひとつ昭和が消えていく…もうやだ〜(悲しい顔)
-----------

右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 17:55 | Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2013年06月22日

ニューマイカバーソング またもや頓挫


 私の先輩Hさんの曲、

  Ashiya-City

順調にカラオケができ、ルンルン気分で歌を録音した。カラオケは我ながら、「なかなかいいじゃん!」って感じ(←また自画自賛か)。
 ところが、…。
 ある程度予想はしていたが、出来があまりにひどい。声量がないのはしょうがないにしても、どうにもガマンできないのが音程だ。あまりのひどさにお膳をひっくり返した(←うそつけ!)
 というのは冗談だが(←またか!)、その代わりマウスをひっくり返した(←せこっ)
 録音し終わって次に行く元気が急速に失せた。この曲は歌が大切なのに、一番のメインがボロボロではミキシングする気になれない。
 この曲のオリジナルキーはA(イ長調)。ファの#まで使う。今の私はレが精一杯(若いときはF#まで出ていた)なので、キーをG(ト長調)に落とした。
 一瞬ミの音が出るが、ちょっと無理すれば出るだろうと思ったのが間違いだった。上がりきらない上に、全ての音が不安定になってしまった。

 うーーん、もう1音下げて、F(ヘ長調)にすべきだったか。カラオケを全部1音ずつダウンさせてやりなおすか、と考えたら邪魔くさくなってきた。それに、ノリノリの曲なのでキー高めで行かないとモサッとしてしまう…。

 というわけで仕切り直しだなぁ…。またエネルギーが充填されるまで放置するか…。トホホ…がく〜(落胆した顔)。 
 
バウンスし終わってボーカルを入れたところ↓
1bouncejaaaa.jpg

 もう一度聴くも、やはりキーを落としてやり直しするしかなさそうだ…。エフェクトかけまくって、ボコーダー風にするべきだろうか…。
-------------
右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 07:15 | Comment(0) | Podium Free | 更新情報をチェックする

2013年06月29日

おじさん、エレキギターに挑戦す


 おじさんが子供の頃は、エレキギターを弾いている人、ジーパンをはいている人、長髪の人は不良だと教わった。今の時代からは想像もつかないだろうが本当の話だ。
 だから私もそういう人に近づかないようにしていた。子供の頃の話だ。
 そして、いまだにそれは尾を引いていて、エレキギターとジーパンとロン毛には違和感のようなものがある。
 しかし、いつまでもこだわっていてはいけないなぁ、と思い直し今年エレキギターを買った。不良の一員になってしまった。(←大げさだろ!)
 というわけでエレキギターに関する知識は皆無、無知。弦もどれを買っていいか分からないので最初に付いてきたままだ。
 エレキギターとセットで使うアンプやエフェクターもさっぱり分からん。
 その後しばらく遊んでいたが、結局埃を被ったまま放置。

 バット、But、しかし、今度の新曲(Hさんのオリジナル)ではエレキギターが雰囲気に合うので使うことにした。
 ああでもない、こうでもない、スイッチいじりまくり、何とか録音した。エフェクトは、AmpliTube3の体験版を組み込んだ。これもさっぱり意味が分からんが、いじり倒して何とか使った。
 と思っているがきっとトンチンカンなことをやっているに違いないがく〜(落胆した顔)

1amplitudedesu.jpg

 エレキギターはアコに比べて弾きやすい感じだが、コントロールが難しいなぁ。同じギターでも全く違う世界だ。
 かくして、「おじさんのエレキギターに挑戦」は始まった。
 またしばらくしたら埃を被ってるかも…。わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)
-------------
右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 17:44 | Comment(0) | Podium Free | 更新情報をチェックする

2013年06月30日

バウンストラックを移動する Podium Free


 新曲、ようやく全ての録音終了。
 さて、ミキシング。パンを振ろうとしたら、振れない。
 ?
 ど、どうして?
 色々いじくっていたら、新トラックに移動するコマンドがあった。ひょっとして、と思ってやってみたら、うん、正解かわいい
 移動すると、いつものオーディオトラックに変わって、パンも振れるしエフェクトもかけられるようになった。

1bounceNewda.jpg

 で、その後ミキシング。ピークを越えないように全体的にボリュームを下げていった。あと、楽器や歌が沈み込まないように努力してみた。
 が、ピアノが沈んだ。ま、いいかぁ...。
 パンはドラム、ベース、ボーカルはいじらず。サックス、ピアノ、ギター、バックコーラスを左右に適当に割り振った。

2mixedashiada.jpg

 完成品は次回にアップの予定。
 やっとここまできたぁわーい(嬉しい顔)。 
-------------
 <ご注意>上記記事は私個人の記録です。操作方法、意味などに間違いがあるかも知れませんので、その点ご了承ください。m(_ _)m
タグ:Podium Free

右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 17:52 | Comment(0) | Podium Free | 更新情報をチェックする
Copyright 2010- おじさんのDTM