★お知らせ★ ご来訪ありがとうございます
・ピアニカは提供元が打ち切ったので終了しました(-_-)。

2010年09月18日

タスカム US-122MKII 使用レポート


 タスカム US-122MKIIを導入して、1ヶ月が過ぎつつある。そこで使用レポートを書いてみたい。

 1.大きさ、重さ、デザイン:少し小さめの弁当箱の大きさで、場所を取らない。重さは軽い。弁当にご飯を詰めたくらい(笑)の重さ。デザインは良い感じだ。さわった感じもいい。
 2.ノイズ:感じない(少なくとも私には)。時々、ブチッとかいう音が入るが録音には関係ないので影響なし。ブチッ、の音は恐らくハードディスクを読みに行くときに入るように思える。しかし、全く影響なし。
 3.レイテンシ(遅延…音のずれ):4重録音をしてみたが、今のところ感じられない。(あるのかも知れないが、自分には分からない)セッティングは全くいじっていない状態(ドライバーをインストールした時点のまま)。
 4.気になった点:ないに等しいが、あえて言うなら、少しつまみが軽すぎると思うが、慣れればそれほどでもない。あと、マニュアルが寂しいなぁ、と思った。もうちょっと書いていてくれればいいのになぁ、という感じ。
 5.注意点:ASIOドライバーをインストールするときは慎重に。少しややこしい。適当にやると失敗する。が、マニュアルをしっかりと読めば問題ない。
 6.実際に録音した音は、過去のブログ記事の中にある

<使用環境>
 PC:Gatewayのノートpc (モバイルAMD Sempron 3600+プロセッサー、1ギガのメモリー、80ギガハードディスク)
 OS:Windows Vista 32bit
 ソフト:Mixture
 マイク:ソニーのECM-737(ワンポイントステレオマイク)
 アンチウィルスソフト:ON(avastアンチウィルス) OFFにしても変わらないのでONのまま
 電源プラン:バランス
~~~~~~~~~~~~


 ”タスカム US-122MKII”


で検索サイトからこちらに来られる方が多いので、せっかく来られても何も得るものもないのでは申し訳ないので、少し書いてみました。
 ただ、私自身がオーディオインターフェイスの初心者で、使いこなせてない状況なので、信頼性に欠けるかも知れません。また、他のオーディオインターフェイスを使ったことがないので比較もできません。その点ご容赦ください。
 これから購入を検討されている方に、少しでもお役に立てたなら幸いです。

from iZo Arts



タグ:US-122MKII

右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 15:20 | Comment(0) | DTMソフト、機材等について | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Copyright 2010- おじさんのDTM 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。