★お知らせ★ ご来訪ありがとうございます
・ピアニカは提供元が打ち切ったので終了しました(-_-)。

2010年12月10日

Cubase LE5 ふたたび1


 「七瀬ふたたび」というドラマがあったが、それにあやかって、「Cubase LE5 ふたたび」をやってみたいと思う。(←何の意味があるねん)
 「七瀬ふたたび」は面白かったなぁ。(←だから関係ないやろ)
 さて、まずはじめに、「Cubase LE5 音が出ない」という場合は、どこかで設定が間違っているはずだ。(←そんなこと当たり前やろ)US-122mkIIの薄い取扱説明書とCubaseLE5クイックスタートガイドをじっくりと読むしかない。(←意味ねぇ)
 斜め読みをすると間違えてしまう。必ず確認をしながらやらないと失敗する。私の場合、さんざん悩んで、あ、なーんだ、というのが多い。(←だろうな)
 「CubaseLE5 録音できない」というのも同じで、CubaseLE5クイックスタートガイドを何度も読み返すしかない。(←またかよ!) 懇切丁寧とは言い難いが、必要最低限のことは載っているので再生、録音はとりあえずできるはずだ。(←そううまく行くかな)
 私もマニュアルを読むのが嫌いでつい斜め読みしてしまい、行き詰まって、また最初から読み返すというパターンから抜けられない。(←だろうな)


 設定は一応終わったことにしよう。じゃ、始められるかというとそうは行かないのである、このソフトは。適当にいじって曲ができればいいのだが、無理だ。少なくとも私はそうだった。
 どんなソフトでも適当にやってマスターできる自信がある人は別だが、ヘルプの中の電子マニュアル(pdf)を印刷した方がよいと思う。
 が!、とんでもないページ数なので、とりあえず私は「入門マニュアル」だけ(全部で57ページ)印刷した。少なくともこのマニュアルを真剣にやれば何とかなるだろうという皮算用だった。
 「入門マニュアル」にはチュートリアルもあり、インストール用CDの中にその作りかけファイルが入っているから、それを活用し、何となく全容はわかったと思う。


 で、前回のブログ等にも書いたが、さあやろうかなぁ、と思っていたらハングアップを繰り返すようになってきて、放り出してしまったのだった。
 今は、娘のPC(デュアルコア、メモリー2G、14inchディスプレイノートpc)を使用して、何とかなりそうな感じだ。(←ふーん、そいつぁよかった)
 次の曲をこのCubaseLE5でやってみたいと思う。作っていく過程をブログに書けば、CubaseLE5を使う人の参考になるんじゃないか、などと勝手に思っている。(←何だかちっとも進まねぇな)
---------------------------
 実は、一つ一つ考えられるパターンを記事にしようと思ったのですが、泥沼にはまってしまって断念しました。エネルギーが足りません。
もうやだ〜(悲しい顔)



タグ:Cubase LE5

右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 21:39 | Comment(0) | Cubase LE5 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Copyright 2010- おじさんのDTM 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。