★お知らせ★ ご来訪ありがとうございます
・ピアニカは提供元が打ち切ったので終了しました(-_-)。

2010年12月13日

Cubase LE5 ふたたび2


 ひょっとして、昔使っていたRolandのSoundCanvas(SK-50)が使えるかもしれないと思って、アマゾンでmidiケーブルを注文した。税込みで727円。最悪使えなかったらあきらめるしかない。
 最初に決めたDTM予算(右欄下の方参照)3万円もこれでほとんどなくなった。ただいまの残金は:

 30,000円-(28,643円+727円)=629円也

 それにしても、驚いたのは、Rolandだ。マニュアルを紛失していたので、まさかと思って検索したら、ちゃんとpdfファイルにしていてくれたではないか。
 このキーボードを買ったのはまだPC-98VXだのDXだのの時代だ。おそらく20年近く前に発売されたものだと思う。伝説のDTMセット、ミュージ郎だ。それをまぁ、ちゃんとマニュアルをアップしてくれている。この会社はすごい!ありがたやー<(_ _)>
 問題は、セッティングしてちゃんと使えるかだが…。


 さて、「Cubase LE5ふたたび」を始めるか…。(←やっとかよ)
 何度もCubaseLE5入門マニュアルを読み返してみるが、今ひとつ意味がわからない。分からないから、そのまま何となくマニュアル通りにやってみるしかない。
 ちょうど数学の問題の解答を意味が分からないまま書き写すような感じだ。しょうがない、チープな頭なのだからあきらめるしかない。きっと分かる人は分かるのだろう。ノーベル賞を取る人もいれば、Cubaseのマニュアルがチンプンカンプンの人もいる。この差はどうも埋まりそうもない。(←あんただろ)

 まず、デバイス設定の確認をしよう。下の2つの図(クリックして拡大可)はいずれも


 メニュー>デバイス設定


で開いたウィンドウ。
 A図で、1を選択し、2のようになっているかどうか
A図右斜め下

vstオーディオシステム.jpg


 次にB図で、3を選択して、4のようにアクティブになっているかが大切なように思う。が、本当のところは分からない。(←無責任だなぁ)

B図右斜め下

アクティブ.jpg


 今ひとつこの一連の設定画面はよく分からない。(いや、どの設定を見てもよく分からない)が、うーん、しょうがない、とにかく前進するしかない。前進、前進、前進!新幹線
 あー、もう疲れたぁ、寝よう、っと。バッド(下向き矢印)眠い(睡眠)(←なんだよ、まだ何もやってねぇじゃんか)



タグ:Cubase LE5

右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 21:09 | Comment(0) | Cubase LE5 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Copyright 2010- おじさんのDTM 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。