★お知らせ★ ご来訪ありがとうございます
・ピアニカは提供元が打ち切ったので終了しました(-_-)。

2010年12月20日

CubaseLE5 ふたたび5


 録音した音が小さい場合は、「ノーマライズ」というのをやると大きくなる。録音したファイル(図のA)を選択して、

nomaraizu.jpg

 メニュー>オーディオ>処理>ノーマライズ(図のB)

を選ぶと、小さなウィンドウが開く。(図のC)
 最大レベルを -1.00dB か 0dB にして、「処理を実行」をクリックすれば音は大きくなる。


 これでメロディパートとバックのギターが完成だ。あとはベースを入れるなり、ドラムなりを入れれば1曲できあがり、となるはず。
 ベースは打ち込みか、midi録音か、実際のエレキベースを録音するか、は人それぞれだ。ドラムは打ち込みかmidi録音になる。(本物のドラムを録音できる人もいるかもしれないが)
 実際のベース録音の場合の注意点は、オーディオインターフェイスのMIC/GUITARスイッチをギター側に倒すことだ。(ベースをスピーカー鳴らしてマイク録音する場合は反対)
 私の場合、第1トラックのピアノと同じように、ベースとドラムをmidi録音して修正した。ベースはありふれたリズム、ドラムは少し遊んでみた。
 あとは、

 メニュー>デバイス>ミキサー

でミキサー表示させ、音のバランスや左右の振り分けをして、おしまい。(下図)

karasuowari.jpg

 そして、書き出したのが:



 エフェクターの使い方はよく分からないので、全くいじっていない。(←実は泥沼にはまるのが怖いのだ)
------------------
 これにて、CubaseLE5ふたたびシリーズは(とりあえず)終了します。




右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 17:18 | Comment(2) | Cubase LE5 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
iZo Arts(おじさん)さんへ、ゆっちです。
 「ベースは打ち込みか、midi録音か、実際のエレキベースを録音するか」…のところの、「midi録音」というのはどういうものなのでしょうか。
 もしもよかったら教えていただけるとうれしいです。
Posted by ゆっち at 2010年12月20日 20:46
ゆっちさんへ
 コメントをいつもありがとうございます。
 お尋ねの件は、次のブログに掲載しますので読んでみてくださいね。(^_^)
  iZo Arts より
 
Posted by iZo Arts(当ブログ運営人) at 2010年12月21日 17:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Copyright 2010- おじさんのDTM 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。