★お知らせ★ ご来訪ありがとうございます
・ピアニカは提供元が打ち切ったので終了しました(-_-)。

2012年08月20日

チャンネルストリップ & ミックスリバーブ Studio One2


 さて、私の苦手なエフェクト関係。トライしてみようかな。今日はボーカル。

<チャンネルストリップをかける>
 まず、歌のトラックを下に複製して、少しずらした。少しでも歌のアラを隠すためにいつもやるパターン。いつもはここで終了なのだが今日はもう少しやろう。
 次に、チャンネルストリップ(チャンネルストリップとは、コンプレッサーとイコライザーが一緒になったもののようだ)の Male Vocal1(これはすでに調整されたもの) というのをそれぞれのトラックの上にドラッグ&ドロップ。
 コンプ部はいじらずに(よくわからないので)、イコライザー部の高音を少しだけ持ち上げてみた。
1channelstripja.jpg

 その結果が:



 貧弱な歌に迫力感が増した、と思うのだが…???。

<ミックスリバーブをかける>
 これも出来合いの Vocal Gated と Vocal Tighit というのをそれぞれのトラックにD&D。エフェクトのウィンドウは右上の「×」をクリックすれば消えるが、左欄の下向き三角をクリック後「編集」をクリックすればいつでも開く。「削除」は当然エフェクトそのものを削除する、という意味。
 リバーブのかけ具合は左の3つのボタンをいじれば良いようだが、すでに調整されているものなので、へたにいじると余計におかしくなるので今回はいじらなかった。何度も泥沼にはまった経験あり。

2reberbjaaa.jpg

で、その結果が:



 とげとげしさが取れて優しい声になった、と思うのだが…???。


 いつもエフェクトをいじって余計におかしくなるので(笑)、やーーーめた、になってしまうのだが、今回は強行してみた。
 しかし、こんなことを各トラックについてやっていくのだろうか…???。
 おじさんの疑問はふくらむばかりだがく〜(落胆した顔)
---------------



右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 11:59 | Comment(0) | Studio One 2 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Copyright 2010- おじさんのDTM 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。