★お知らせ★ ご来訪ありがとうございます
・ピアニカは提供元が打ち切ったので終了しました(-_-)。

2013年02月03日

Podium Freeで2曲目を制作する10


 書き出しをしようとするとハングアップしてしまう。しょうがなくリアルタイムバウンスして、そのマスターバウンスファイルを利用した旨は前回のブログに書いた。
 ハングアップの原因は、プラグインとの相性なのか何なのかよく分からない。いずれにしろ、こういう時の対処法を記録しておこうと思う。

<リアルタイムバウンスを有効にする>
 このチェックを入れなければオフラインでレンダリングする設定になっている。
1bouncedesu.jpg

<レコーディング準備を有効にする>
 その上の Unload Plugins when Bounced にチェックを入れておくと、バウンスしたときCPUを解放してくれるようなので入れておいた方がいいと思われる。
2armrenderja.jpg

<レコーディングする>
 プレイボタンを押すと曲が鳴り録音される。
3recordingchuudesu.jpg

<録音されているか確かめる>
 再度Bボタンをクリックすると、波形が消え、普通の編集を再開できる。
4Bbuttonwoosuto.jpg

<MastarBounce.wavの利用>
 プロジェクトの入っているフォルダにファイルができている。それをAudacityなどで読み込んで加工できる。
5filegadekiteruze.jpg

<トラックごとのバウンス>
 メモリーやCPUの圧迫を避けるために、バウンスした方がいい場合がある。その場合も上記マスターバウンスを作ったときと同じ要領でできる。
6trackbouncedayo.jpg

 以上のことは私が勝手にやった方法なので、もっといい方法があるのかも知れない。ま、とりあえず完成することができた。

 で、
 最終チェックとして、家族の者に聴かせてみた。
 な、なんと、

 「バイオリンの音がバイオリンらしくない、バランスが悪い、うーん、努力賞ってとこだね

だと。そ、そんなぁ〜がく〜(落胆した顔)パンチむかっ(怒り)。バイオリン、いいと思ったんだけどなぁ。今さらバイオリンのいい音源を探すのも邪魔くさいなぁバッド(下向き矢印)。バランスもいいと思ったんだが…もうやだ〜(悲しい顔)
 で、おじさんの今の心境を絵にしてみた↓。
7ojisannosinkyoudesu.jpg

 しばらく落ち込んでいたが、思い直し、もうちょっと手直ししてみることにした。ううっふらふら。 


                 <完成品はこちらから> 
----------------
 上記記事は、私の個人的な意見、記録です。まちがっている点もあるかも知れませんので、その点ご了承ください。



右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 15:28 | Comment(0) | Podium Free | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
Copyright 2010- おじさんのDTM 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。