★お知らせ★ ご来訪ありがとうございます
・ピアニカは提供元が打ち切ったので終了しました(-_-)。

2015年06月05日

SynthEdit で遊ぶ1


 やめておけばいいものを、ついシンセを作るソフト(SynthEdit)をDLしてしまいました。
 でも、夢がありますよね、自分でシンセを作れるなんて...。自作曲を自分のVSTで作れたら最高ですね。(無理かも知れないけど)

 壁にぶつかってイヤになるまで、このソフトで遊んでみようかと思います。(いきなりぶつかるかもたらーっ(汗)

 Helpを見たら、Getting Startedというのがあり、それには、「まずPreference(menu>Edit内)で環境を整えよ!」と書いてありました。そこで、

1purifadesunene.jpg

としてみました。(私のオーディオインターフェイスはTascamUS-122markIIです)
 「次にデモファイルをやれ!」と書いてあったのですが、Live.se1というファイルが見あたらず、PC内を検索すると、マイドキュメントの中に、SynthEdit Projectsとmidiというフォルダが作成されており、その中にありました。(この二つのフォルダを動かすとエラーが出ます)
 開く(menu>File>Open)と、

2livese1desu.jpg

というカッコイイ画面が出てきました。
 SynthEditメニュー下にある赤三角をクリックすろと、画面上のキーボードでもPCのキーボードでも、接続のキーボードでも音が出ましたがく〜(落胆した顔)

 デタラメのくそプレイです

 音はSyn Bass2というのを選びました。ひどい遅延で、リズムがサッパリ分かりませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)。(←言い訳!) 

 うーん、このソフト何か面白いひらめき。久しぶりにそそられますなぁグッド(上向き矢印)。 
------------------



右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 20:54 | Comment(0) | SynthEdit | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Copyright 2010- おじさんのDTM 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。