★お知らせ★ ご来訪ありがとうございます
・ピアニカは提供元が打ち切ったので終了しました(-_-)。

2015年06月07日

SynthEdit で遊ぶ3


 SynthEditで遊んでます。
 前回で、シンセの原型らしきものが完成したのかな?。

 Tutorialの続きです。
 ウィンドウ内で右クリ後、Panel Editというのを選択すると青いバックにボタンやスライダーなどが一点に集中して置かれています。ひとつひとつドラッグしてバランス良く配置すると、「おお、かっこいい!」、シンセっぽく見えます。

1panerudesse.jpg

 SynthEditのウィンドウに戻って、今度はMoog FilterとSound Outの結線を削除し、Sound Out以外をドラッグ選択してカットしました。
 右クリ後、Insert>Containerを選択すると、Containerが置かれます。Containerというのは文字通りコンテナ、箱、要するに入れ物ということでしょうね。
 Containerをダブルクリックすると、Containerウィンドウが開くので、そこに先ほどカットした内容をペーストし、Moog FilterのOutPutとIO ModのSpareを結線して、Container部分の作成は終了の模様。
 SynthEditウィンドウに戻って、今度はContainerのOutputとSound Outの-1を結線して、ここで全部終了なのでしょう、保存しました。

2kontenadennene.jpg

 次に、menu>File>Save as VSTを選択するとSettingsウィンドウが開くので、ProductとFilenameをそれぞれ、PitchControler, PitchControler.dllにリネーム後、OKをクリックするとVST一丁出来上がり〜。

 さっそく、DAW(Podium)を起ち上げ、読み込んでみると、

3podiummyvstdesu.jpg

 おおお〜、音が出たぁ〜ぴかぴか(新しい)

 TutorialとSynthEditにおんぶ&抱っこ状態ですが、自分でVSTが完成した喜びは最高〜。
 でも、DEMOの文字が、で、でかいですね。バックの色も消えてるしもうやだ〜(悲しい顔)
 製品版を買って下さい、ということですねがく〜(落胆した顔)
------------------



右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 07:54 | Comment(0) | SynthEdit | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Copyright 2010- おじさんのDTM 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。