★お知らせ★ ご来訪ありがとうございます
・ピアニカは提供元が打ち切ったので終了しました(-_-)。

2015年06月08日

SynthEdit で遊ぶ4


 SynthEditで遊んでます。
 前回で、生まれて初めてvstを生産しました。感激しました。ここでやめようかな、とも思ったのですが、今の状態だとプゥーーーという音が延々と出ているだけなので、あまりにも寂しく(笑)、Tutorialの続きをもうちょっとだけ進めてみたいと思いました。

 Containerウィンドウで、Moog FilterとIO Modの間の結線を削除。
 Insert>Modifier>VCA選択でVCAが現れる。Moog FilterのOutputとVCAのSignalを結線。
 Insert>Controls>Knob → KnobのOutputとVCAのVolumeを結線。
 KnobをVolumeとリネーム。
 Insert>Controls>List Entry → VCAのResponse CurveとList EntryのChoiceを結線。

 VCAというのはボリュームだと思います。List Entryの4つの選択肢は恐らくボリュームの調整具合のようです。
 下図は現在の状態。

1voruumusa.jpg

 SynthEdit ウィンドウ。Insert>Controls>Keyboard。
 ContainerとSound Outの結線を削除。
 Containerウィンドウ。VCAとIO Modの結線を削除し、左端に移動。
 Insert>IO Mod → VCAのOutputとIO ModのSpareを結線。
 SynthEditウィンドウ。ContainerのOutputとSound Outの1と2に結線。
 Containerウィンドウ。Oscillatorに繋いでいるKnobを削除。
 Insert>MIDI>MIDI to CV。
 MIDI to CVのMIDI InとIO ModのMIDI Outを結線。
 MIDI to CVのPitchとOscillatorのPitchを結線。
 Insert>Waveform>ADSR2 → MIDI to CVのGateとADSR2のGate結線。
 VCAに繋いであるKnobを削除。
 ADSR2のSignal OutとVCAのVolumeを結線。

 Keyboardはキーボードですね。MIDI to CVというのは、midiデータを何かに変換している(電気信号?)ようです。ADSR2はよくソフトシンセについているやつでしょう(エンベロープというんだっけ?)。
 ContainerからSound Outの1,2に結線されたのは、よく意味が分かりませんが、LとRでしょうか?。
 下図は現在の状態。

2midideruzo.jpg

 ここで、キーボードを弾いてみると、オオッ、いい感じの雰囲気の音が出ましたぁ〜ぴかぴか(新しい)。使えそうわーい(嬉しい顔)

 延々とTutorialが続いてますが、とにかくno.6まで来ることができました。もう少し頑張ってみようかなぁ...。
------------------



右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 07:21 | Comment(2) | SynthEdit | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんか面白そうなことされてますね〜。
プログラミングできる方の強みですね!
応援します。
またいい音楽記事まってます〜
Posted by とーり at 2015年06月08日 21:04
とーりさんへ
はじめまして。

SynthEditは、プログラミングというより、パズルのような不思議なソフトで、よく分からないんですが、ただチュートリアル通りやると音が出てる、って感じです(汗)。
シンセのこととか全く分かっていませんので、途中で放り出すかも知れませんが...。

応援ありがとうございます。
Posted by iZo Arts(ブログ管理人) at 2015年06月08日 22:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Copyright 2010- おじさんのDTM 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。