★お知らせ★ ご来訪ありがとうございます
・ピアニカは提供元が打ち切ったので終了しました(-_-)。

2015年06月09日

SynthEdit で遊ぶ5


 SynthEditで遊んでます。
 前回で、プゥーーーという連続音かデュンという小気味のいい音に変わりました。しかも、キーボードで音階がつきました。Tutorialの続きをやってみようという気が涌いてきました。

 Containerウィンドウ。Insert>Controls>Slider。
 できたSliderをあと3つコピペ。
 4つのSliderとAttack,Decay,Sustain,Rereaseをそれぞれ結線。
 4つのSliderをそれぞれ、ADSR2のAttack,Decay,Sustain,Rereaseとリネーム。
 Insert>Controls>Knob。→ このKnobとADSR2のOverall Levelを結線。
 MIDI to CVのPropertyを開き、Polyphonyを6から3に変更。

 ADSRというのはこういうことらしいです。それぞれSliderを動かしてみるとその働きがわかります。
 ADSR2と結線したKnobはADSR2のレベルコントロールということでしょう。
 Polyphonyは恐らく同時発音数だと思われます。Polyphony Reserveは、よく分かりません。reserveで、予約、蓄え、留保とかいう意味ですが...。

 Insert>Waveform>Oscillator。 → LFOとリネーム。
 Insert>Controls>List Entry。 → Shapeとリネーム。
 LFOのWaveformとShapeのChoiceと結線。
 Insert>Controls>Slider。 → Rateとリネーム。
 LFOのPitchとRateのSignal Outを結線。
 Rateの右クリでAutomation選択後、Loを-10、Hiを0に変更。
 Insert>Modifier>Level Adj。
 LFOのAudio OutとLevel AdjのInput1を結線。
 Insert>Controls>Slider。 → Depthとリネーム。
 Level AdjのInput2とDepthのSignal Outを結線。
 Level AdjのOutputとOscillatorのPitchを結線。

 LFOは、Low Frequency Oscillatorの略だそうです。強烈な(ひどい?)ビブラートがかかる感じがします。RateとDepthとShapeはその調整ですが、どうやっても何だか気持ち悪い音になっちゃいます。インベーダーゲームのインベーダーが飛んでる音のようなちっ(怒った顔)

1lfoyaranannyara.jpg

 LFOの音を聴くと吐き気がします。これは楽器音じゃなくて、ただの騒音だなぁ...バッド(下向き矢印)
 少しやる気が失せてきました。この辺でやめようかなぁ...。思案橋ふらふら
------------------



右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 08:56 | Comment(0) | SynthEdit | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Copyright 2010- おじさんのDTM 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。