★お知らせ★ ご来訪ありがとうございます
・ピアニカは提供元が打ち切ったので終了しました(-_-)。

2015年06月09日

SynthEdit で遊ぶ6


 SynthEditで遊んでます。
 前回は、インベーダー音で終わり(Tutorial9)、あまりのひどさにやる気が失せました。でも、もうちょっと進めばひょっとしていい音に変わるんじゃないか、と思い直し、進めてみます。

 Level AdjとOscillatorの結線を削除。
 Insert>Flow Control>Switch(1->Many) 
 Level AdjのOutputとSwitch(1->Many)のInputを結線。
 Insert>Controls>List Entry → LFO Routeとリネーム。
 LFO RouteのChoiceとSwitch(1->Many)のChoiceを結線。
 Switch(1->Many)のSpare OutputとOscillatorのPitchを結線。
 Switch(1->Many)のSpare OutputとMoog FilterのPitchを結線。
 Switch(1->Many)のSpare OutputとADSR2のOverall Levelを結線。
 Switch(1->Many)のPropertiesを開き、上のPitchをOscillator Pitch、下をFilter Pitch、Overall LevelをVolumeに変更。

 LFOの結果をどこに持って行くかのスイッチを作ったのだと思います(多分)。OscillatorかMoog FilterかADSRの選択をせよ、ってことかな。

 Insert>Container → Moog Filterとリネーム。
 Moog Filter(新Container)をダブルクリックしてウィンドウを開く。
 Containerウィンドウ。Moog FilterとPitchとResonanceを選択して(Ctrlを押しながらやる)カット。
 Moog Filterウィンドウ。ペーストする。
 Moog Filter(ウィンドウの中にあるもの)を複製(ステレオにする?)。
 PitchのSignal OutとResonanceのSignal Outをそれぞれ、新しく作ったMoog FilterのPitchとResonanceに結線。
 Containerウィンドウ。OscillatorのAudio OutからMoog FilterのSpareに結線。
 上と同じことをもう一度やる。(ステレオにするためでしょう)
 Moog Filterウィンドウ。IO Modの2つのAudio Outを2つのMoog Filterのsignalにそれぞれ結線。
 Insert>IO Mod。2つのMoog FilterのOutputを新IO Modのspareにそれぞれ繋ぐ。
 古い方のIO ModのPropertiesを開いて、2つのAudio OutをInputに変更。

 注意:この辺は言葉で書くととてもややこしいので、YouTube(Synth Edit Tutorial11)を見ながらやった方がいいかも。

 延々とチュートリアルが続くので、一旦ストップして、下図が現在の状態です。

Containerウィンドウ:
1muugufitaaone.jpg

Moog Filterウィンドウ:
2muugufitaatwo.jpg

 うわぁ、段々複雑になってきて、頭が混乱してきました。遊んでるはずが、遊ばれてるような...たらーっ(汗)
------------------



右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 18:17 | Comment(0) | SynthEdit | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
Copyright 2010- おじさんのDTM 

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。