★お知らせ★ ご来訪ありがとうございます
・ピアニカは提供元が打ち切ったので終了しました(-_-)。

2011年02月26日

マイヒットパレード1 おじさんの日記


 いまいちDTMが乗れないし、PCを取り上げられたままなので、おじさんの心の中だけのヒットパレードをやってみたいと思う。(←こういうのを、お茶を濁す、と言うんだ)洋楽は以前書いた(ニールヤングサイモンとガーファンクルサンタナ)ので、今度は邦楽でやってみよう。

 まず、南沙織さんの「17才」。彼女のデビューは衝撃的だった。こんなかわいい子が世の中にいるのか…などと思った。当時、私は高校1年生。胸キュンというか、何というか、テレビに釘付けだった。遠い、とおーーい昔の話。



 いつかこういう女性と知り合いになって、デートできたらいいなぁ、なんて思っていた。(←それは無茶な願望だ!)
 それはただの夢でしかなかったが…わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)。(←だろうな)
右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 21:22 | Comment(0) | マイヒットパレード | 更新情報をチェックする

2011年02月28日

マイヒットパレード2 おじさんの日記


 今日は、”ふきのとう”の「街はひたすら」という曲。

 人はそれぞれ 巡り会えても
  曲がり角で 手を振れば
   いつの間にか ひとりぼっち…

 こんな歌詞が心に響いて、FMからテープに録音したものをよく聞いていました。友達とワイワイ騒いでも、結局はひとりぼっちだなぁ、とよく思ったものです。
 メインボーカルの細坪さんの声が透き通って心地良く、好きな歌手の一人です。


 
右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 20:39 | Comment(0) | マイヒットパレード | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

マイヒットパレード3 おじさんの日記


 ”ふきのとう”の2曲目は「風の船、海よりも深く」という曲。この曲も前の「街はひたすら」もアルバム「風待茶房」(1974年)の中のもの。
 金沢には行ったことはないが、この曲を聴くと行ってみたくなる。美しい海が目に浮かぶようなメロディに細坪さんの透き通った声がピッタリ。37年が過ぎた今でも新鮮な曲に感じる。ぴかぴか(新しい)
 アレンジもメロディをもり立てていてグー。こういうオリジナルDTMが作れたらいいなぁ。(←無理無理!)


 
右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 20:32 | Comment(0) | マイヒットパレード | 更新情報をチェックする

2011年03月03日

マイヒットパレード4 おじさんの日記


 歌手の高山厳さんは、「心凍らせて」などの演歌で有名だが、昔はフォーク歌手だった。1975年頃の話。その頃、何故か気に入ってよく聴いていた。アルバムも全部買った。今も所有しているが、プレーヤーがないので聴くことはできない。たらーっ(汗)
 アルバム「この世には愛がなさすぎる」(1975発売)の中の「離れていても」は、自分のバンドでギターを弾いてよく歌った。
 フォークギターとコンガの絡みが絶妙。メロディーも歌詞もいい。彼の唄もグー。



 でも、この曲誰も知らないだろうなぁ…
 
右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 18:05 | Comment(2) | マイヒットパレード | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

マイヒットパレード5 おじさんの日記


 当時(1975年頃)一世を風靡したブルースバンドは「憂歌団」。リードギターの内田勘太郎さんのギターにはショックを受けた。

 な、なんで、日本人なのにこんなにブルースギターがうまいんじゃぁ

と。
 生で2度ほど聴いたことあるが、その乗り、リズム、テクニックにはぶったまげた。彼にはエフェクターどころかアンプさえ必要ない。コンサート場に彼のギターが響き渡る。アンプを通して聞く音より生の音がハッキリ聞こえていたのだ。
 チロリン、チロリンと蚊の泣くような音で弾いて悦に入っている私のギターとは月とすっぽん。人間業とは思えない。(←プロと比べるか!)
 その後、大きい音を出そうと練習してみたが私にはとうてい無理だった。(←むり、むり!)
 生で聴くと、ごまかしは一切通用しない。CDでどれだけすごいと思っていても、実際に聴いてみると「なーんだ」ってことが多い。そんな中で彼は数少ない本物だと思う。
 私の中では、彼が日本ナンバーワンのギターリストだと勝手に思っている。(←あんただけだろ)



↑向かって右の人が内田さん。
 
右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 17:18 | Comment(0) | マイヒットパレード | 更新情報をチェックする

2011年04月07日

マイヒットパレード6 おじさんの日記


 今は亡き、忌野清志郎さん…あまり激しいロックは聴かない私だが、何故か彼の歌はホッとする。好きな歌手の一人だ。

 サマータイム・ブルース&LOVE ME TENDER

右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 18:23 | Comment(0) | マイヒットパレード | 更新情報をチェックする

2011年04月23日

マイヒットパレード7 おじさんの日記

 
 スリーフィンガーピッキング奏法が、おじさんの若い頃はあこがれであり、目指すところだった。それができたときのうれしさは今もハッキリ憶えている。
 今時こんな奏法、お蔵入りだなぁ…。
 でも、私には今も新鮮だ。
 あこがれの南沙織ちゃんの「悲しい妖精」(ジャニスイアンの曲)(1976年頃)は最初から最後までこの奏法で埋め尽くされている。(←へぇー)

 

 ああ、きれいな妖精はどこに…(←いねぇよ、そんなもん)

 こちらの動画の方が3フィンガーが分かりやすいです。わーい(嬉しい顔)
 
 
右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 20:38 | Comment(0) | マイヒットパレード | 更新情報をチェックする

2011年05月13日

マイヒットパレード1(洋楽版) おじさんの日記

 
 毎年年末に「餅つき」を仲間とやる。餅つきが終わったあと慰労会をやる。その時、必ず歌う唄がある。それが、


 Stand by me


だ。この曲を聴くと、色々な想いが重なって涙が出そうになる。
 子供の頃や中、高校時代、友達と色々な冒険をした。臆病者のくせに恐いもの見たさで、今想うとゾッとする経験もした。その時友と共有したことは一生忘れられない。
 と言っても大したことではない。自転車で四国一周旅行、深夜登山、下水口のトンネル探検、ビニールボートでの海の横断…バカげてるがその頃は真剣だった。
 ボートがひっくり返り溺死しそうになったり、山奥で道に迷って夜になり途方に暮れたことなど…。
 しかし、そう言う経験は深い感動とともに蘇る。この歌の映画の場面や、友との数々の友情の場面も。この歌を聴くと、一気にタイムワープしてしまう。


 
 ところで、この曲は意外と演奏するのがムズイ。普通の感覚でリズムを刻むと何だかパッとしない。歌いにくい。
 打ち込みも同じだ。日本人にはムズイリズムだ。
 楽譜通りベースを打ち込むと:

 

 

 これを楽譜にすれば:

bass1.jpg 
 
 1拍目をスタッカート気味に、2拍目の裏から入る気持ち遅らせると良い感じになる。歌も歌いやすくなり、独特の感じが出てくる↓。(と思う):

 
 
 なんて偉そうなこと書いているが、実はリズムは悩みの種だ。特にジャズ系の曲は打ち込みではお手上げだ。一瞬たりとも同じリズムを刻まないのだ、ジャズは。シンコペーション、アンティシペーションの大量販売、って感じ。
 うーん、おじさんの悩みの種はつきない…ふらふら
 


右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 22:51 | Comment(2) | マイヒットパレード | 更新情報をチェックする

2011年08月24日

マイヒットパレード8


 今ひとつ、曲作りに乗れないので、ちょっと気分を変えよう、っと。
 YouTubeを見ると、すごいアーティストであふれかえっている、感じだ。
 おじさんの若い頃は、3フィンガーピッキング奏法(3本指で弾くだけの話)とかカーターファミリーピッキング奏法(ベースランニングやメロディ、アドリブを弾きつつ、伴奏も弾く奏法)がトレンディだったが、今のは色々な奏法があるのにはビックリ。
 オープンチューニングで、やたらと右手と左手が動き回ったり、ボディ叩いてみたりと忙しい。でも、何か心に響かないなぁ…おじさんは古いのか…。やってみたいなぁ、という気が起きない。(←じゃなくて、できないんだろう!)
 その中で、オーソドックスな弾き方で、古いおじさんにも納得の奏者は:

 DEPAPEPE

のお二人だ。さわやかな響きで、何か嬉しくなる。サンバ風のリズム(←ちょっと違うだろ!)に交代でリードを取っていく。いいねぇ、「さぁ、これからやるぞぉ〜」、って気にさせてくれる。
 おじさんとしては、アンプを通さずにやってほしいなぁ、というのはあるが…せっかくのアコースティックの響きがシャリシャリ、ジャバジャバに聞こえる。(←古いんだよ、おじさんは!)



 神戸の人らしい。おじさんと出身が一緒だぁ。(←関係ねぇだろ)
---------------------------------
右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 12:59 | Comment(2) | マイヒットパレード | 更新情報をチェックする

2011年08月26日

マイヒットパレード(洋楽版)2


 ある日、幼なじみの友人のうちに遊びに行った時のことだ。友人が超カッコイイギターを弾いているではないか。
 それまでジャンジャカジャンジャカとストロークするか、簡単なアルペジオしか弾いたことのなかったおじさんは度肝を抜かれた。どうしてもそれが弾きたくて、頼み込んで教えてもらった。
 一生懸命練習して、何度も何度も弾いて歌ったなぁ、あの頃。題名も歌詞も良かった。「二度同じことを考えるな!どうってことないぜ」って題名。つまり「くよくよするな!」ってことだ。
 やっと弾けるようになって、「これで俺もギアーリストだぁ〜」なんて思ったっけ。(←幸せなやつだな)
 おじさんの耳には、これがフォークギターの音だと思うんだが、最近のは何か違うなぁ。(←だから、おじさんが古いんだ)


-----------------
右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 20:40 | Comment(2) | マイヒットパレード | 更新情報をチェックする
Copyright 2010- おじさんのDTM