★お知らせ★ ご来訪ありがとうございます
・ピアニカは提供元が打ち切ったので終了しました(-_-)。

2011年09月13日

FL Studio をダウンロードしてみた、が…


 どうせ、私のPCじゃまともに動かないんだろうな、と思いつつ、FL Studio 10(体験版)をダウンロードしてみた。(←やめときゃいいのに)

に入って、上のメニューから DEMO をクリック。左側の Download Now のどれか(5つある)をクリック。ダウンロードサイトに移動して、さらに一番上の Download Now をクリックすればインストーラーがデスクトップに現れる。
 インストーラーを起ち上げ、指示に従いインストール。
 600M超(圧縮で221M)のでかいファイル、ダウンロードからインストールまで30分はかかった。(もっとかな?)
 ポチポチ、っと、FL Studio を起ち上げる。

 速い!ぴかぴか(新しい)

 え、うそ、なんでこんなに速いの? 実質、1秒。今までのソフトの中で1番速い。最新のpcなら、ダブルクリックする前に立ち上がっているかも(←そんなアホな)
 これは使えそうだぞ、おじさんのpcでも。(←そうかな?)
 画面を見ると、何故か女の子がドカッと立っている。一体、どうして?

1flstdoopen.jpg

 ま、いいか。
 デモソングを聴けば、大体ソフトの感じが分かるので、さっそく、…、おっとその前にやるべきことが。
 最初にオーディオセッティングをする。これはおきまり必須のパターン。

 メニュー>Option>AudioSettings

で、我らが

 スピーカーUS-122MKII

を選ぶ、イェー。Cubaseはややこしかったが、このソフトは分かりやすい、おじさんでも簡単わーい(嬉しい顔)。(←あたまわるっ)

2odiosetting.jpg

 デモソングを

 メニュー>File>Open

 で、

 NewStuff.flp 

を選択。

1fileopenda.jpg

再生ボタンを押す。

 ブチッ、プチッ、ブツブツ、…

 や、やっぱり。CPU処理がついて行ってない。音楽の合間にプチッと鳴ると言うより、プチプチッの連続の中に音楽が鳴ってる、感じ。先ほどのオーディオセッティング画面でbuffer length をいじってみるが余計にひどくなる。やめた。
 他のデモソングを選んでみる。Newstuff.flp の下のフォルダ Cool stuff に、いっぱいデモソングが入っている。
 サイズでソートして、一番小さいファイルを選ぶ。
 かなりましだが、まだ、プチッ、と時々鳴る。
 うーむ、やはり、おじさんのポンコツpcでは無理なのか…ちっ(怒った顔)バッド(下向き矢印)。(←だから言っただろ!)
------------------<後の追記>
 上記のAudio Settings の設定は間違っていました。「スピーカーUS-122mkII」ではなく、「US-122mkII」が正しい入力でした。私の早とちりでした。
<(_ _)>

右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 15:03 | Comment(4) | FL STUDIO | 更新情報をチェックする

2011年09月14日

FL Studio をダウンロードしてみた2


 このソフトのインターフェイスは、

 Mixture,SSW,CubaseLE5,Music StudioProducer,Domino,Reaper

などのソフトのように、横にズラズラとトラックがあって、そこにmidiを入力したり、録音したり、って感じじゃない。

 で、一体何をすればいいの?がく〜(落胆した顔)

って感じで、おじさんにはチンプンカンプンだった。
 それでもいじっているうちに、1小節分だけはできた。それをループ素材としてペタペタ貼り付けていけばいいのは分かるのだが、それがうまく行かない。やめた。(←はやっ)
 その間の説明は、大変なので割愛しよう。(←おい、ちゃんと書けよ)
 で、exportしたのが、↓



 たったこれだけやるのにすったもんだで悶絶1時間余。何せ、画面からヘルプまで全部英語なので(しかも大量の文章)、すべてがうまくかみ合わないのだ。

------------------------------------
参考にさせていただいたサイトは:
FL Studio @ ウィキ
 http://www42.atwiki.jp/fruity/pages/1.html
FL Studio を使った手探りのDTM
 http://filenotfound.blog15.fc2.com/
------------------------------------

 疲れてしまったおじさんは、FL Studio を閉じ、慣れているCubaseLE5で上記のwavファイルを読み込み編集、落書き(?)することにした。ループのようにコピペを繰り返し、それに適当に(でたらめに)音を重ねてみた。
 一応、YMOを意識して作ったのだが、何故かピンクフロイドのデタラメバージョンみたいになってしまった。↓
(ブログ管理人よりのご注意:デタラメの曲ですので、現代音楽でもフリージャズでも何でもOKの人以外はクリックしないでください、人によっては不快かも知れませんので)



 ここで力尽きた。FL Studio はしばらく休業しよ、っと。わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)
 しかし、いいソフトのようだ。
--------------------------------------
 前回のブログ記事で、音がブチブチちぎれることを書きましたが、Audio Settings で間違いをしていました。スピーカーUS-122mkII ではなく、ただのUS-122mkII を選択するのが正しいのでした。
 最初それを選んでいたのですが、全く音が出なかったのです。すったもんだやって勘違い、早とちりをしてしまいました。
 その後、AsioドライバをTASCAM社から最新のものをダウンロードしインストールしたところ、改善されました。
 設定としては、ドライバのコントロールパネルを開いて、Audio Performance をhighest latency にしたところさらに改善されました。
 ですが、完璧とは言えません。まだ曲によってはノイズが入ります、残念ながら。
 Asio のドライバは、バージョンアップを繰り返しているようですので、時々HPを覗いた方が良さそうです。TASCAM US-122MKII のドライバの更新については、注意が必要です。
 
右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 21:39 | Comment(0) | FL STUDIO | 更新情報をチェックする
Copyright 2010- おじさんのDTM