★お知らせ★ ご来訪ありがとうございます
・ピアニカは提供元が打ち切ったので終了しました(-_-)。

2012年04月23日

Studio One 2 ダウンロードしてみたぁ


 7th-labさんが、「Studio One が気になる」、と言ってたので、何故か私も気になりだし、やめておけばいいものを、ついダウンロード。あ、あ、あ…
 インストール後、立ち上げてみた。

studiooneshoki.jpg
 
 ワ、ワ、ワ…。デモソングがカッコイイ。入力画面(何て言うんだろう、コンソールだっけ?)も渋いなぁ。うーーん。

 マジやべぇ 黒ハート

 最近色々なものに手を出して(つい2,3日前、Unityという3Dゲーム製作統合環境ソフト、なんてものをダウンロードしたばかり、これとてつもないソフトで絶対私には無理と分かっていながらDLしてしまいました)収集がつかなくなってるのに、またひとつ増やしてしまった。Soner の続きをやろうと思っていたのに、お尻がソワソワ、困ったなぁ。(ひょっとして、7th-labさんの術中にはまったのかなぁ?)

 まっ、いいかぁ〜わーい(嬉しい顔)ひらめき

-------------------------------
タグ:Studio One 2

右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 21:00 | Comment(2) | Studio One 2 | 更新情報をチェックする

2012年04月25日

とにかくいじってみる1 Studio One 2


 7th-labさんにまんまと乗せられた私は、まず初心者向けのやさしい講座を探してみた。

 な、ないっ!がく〜(落胆した顔)

 そ、そんなぁ…
 サイトのチュートリアルビデオを見てみた。オールイングリッシュで、

 余計にわからん!ふらふら

 困った。
 しょうがない、とにかくいじってみるか…
 起動してみた↓

1tatiageja.jpg

 アーティストプロフィール欄があったので、しっかり書いておいたぴかぴか(新しい)

2Namingja.jpg

 今日はおしまいわーい(嬉しい顔)。(←おーい、もう終わりかよ!)

-------------------------------
タグ:Studio One 2

右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 22:15 | Comment(2) | Studio One 2 | 更新情報をチェックする

2012年04月28日

とにかくいじってみる2 Studio One 2


 Studio One2 の初心者向け講座はない(多分)。かと言って、マニュアルはできるなら読まないでやりたい。この矛盾をどう解決するか。
 とりあえずマニュアルレスでやれるとこまでやり、行き詰まったら(仕方なく)読むことにしよう。

 今までオーディオインターフェイスのセッティングでいつも悶絶した。そこで躓(つまづ)き、

 こんなもんやってられるかぁ〜!ちっ(怒った顔)

、って雄叫びを上げたこともあった。
 が、な、なんと、Studio One2 は、勝手にやってくれているではないか。(←ホントかなぁ)

 超ラッキー!ハートたち(複数ハート)

 これが初心者にとってどれだけありがたいか…。私のような恒久的初心者には本当にありがたい。
------------
 ↑私の使っているオーディオインターフェイスはTASCAMのUS-122MKIIです。その他のオーディオインターフェイスについては分かりません。おそらく大丈夫だと思いますが…。
------------
 これで、いきなり曲作りが始められる、と思ったら大間違い! やっとオーディオインターフェイスのセッティングをクリアーした、と思ったら、次に巨大な壁が初心者の前に立ちはだかる。それは、楽器の設定。ここで力尽きDTMを諦めた人もいるのではないかと思う。(←おじさんだけだろ)
 私はこの楽器の設定がいまだによく分からない。分からないまま、ああでもないこうでもないとやっている状況。
 ところが、な、なんと、これもメチャ簡単! 笑えてしまうぐらい簡単なのだ。ドラッグ&ドロップでOK。ルンルンぴかぴか(新しい)。(←まだ何も作ってないのに、本当なのか!)
 いや待て、まだ喜ぶのは早いかも知れない。どんな壁が待ちかまえているか分からない。気を引き締めて行かなくては…。(←そうだ、そうだ)

 では、出発進行 新幹線

<新規ソングを作成する>
 よく分からないので、「空のトラック」にしてみた
1sinkikyoku.jpg

<トラックを追加する>
 よく分からないので、とりあえずトラックを追加
2insttruckseisaku.jpg

<楽器を設定する>
 ドラッグ&ドロップでポイッ
3dandddrum.jpg

<インストゥルメントの設定ウィンドウ>
 これをいじるのだろうが、よく分からないので即閉じた
4nankahiraita.jpg

<ピアノロールを開く>
 とりあえず1小節分が開くが、青いボックス(トラック上にある)の右端を引っ張ればいくらでも大きくできる
5utikomijyunbi.jpg

 これで準備完了(のはず)。
 あとはポチポチと打ち込んで行く作業に入ることにしよう。
 つづく…
-------------------------------
 マニュアルを見てやっているわけではないので、上記説明が正しいかどうかは分かりません。あくまで自己流ですので、参考程度にお読み下さいますようお願いします。m(_ _)m
タグ:Studio One 2

右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 20:51 | Comment(0) | Studio One 2 | 更新情報をチェックする

2012年05月01日

Studio One 2 とにかくいじってみる3


 滑り出しは良かったが、さて今日はどうかな?
 ピアノロールでの作業を始めてみる。ここでの作業が私の場合はほとんどなので、この使い勝手が悪いとどうしようもない。
 スナップをはずす、音符を32分音符にする、微妙に短くする、ベロシティをほんの少し下げる、リピートする、今の音符を隣にコピペ、和音を足していく、和音の感じを聞く、修正する…こういった作業が続く。どれひとつとしてストレスがかかるような場面があっては、私の中のアーティストはイライラし出す。(←アーティストねぇ、ふーん)
 なーんて、かっこいいことを言っているが、実際は低レベルのアレンジに四苦八苦。(←そうだ、道具のせいにするな!)
 ま、とにかく楽しくやりたい、それだけ。(←誰でもそうだ)
 では、もう少し進めてみようと思う。もちろん完全マニュアルレスだ。行き詰まるまでそれでやってみたいと思う。(←行く詰まるのはそう遠くないだろな)

<編集をメインに据える>
 編集ウィンドウが狭いので、広く使う
1uindousousa.jpg

<音符入力準備>
 デフォルトでいきなり始められるようになっているが、一応調べてみた
2utikomijyunnbi.jpg

<楽器名表示をドラムにする>
 ピアノの鍵盤のままでもできないことないが、楽器名が分かった方がやりやすい、私の場合
3drumsettei.jpg

<音符初入力>
 デフォルトのままで、音符(ここでは拍子木みたいな音でカウントを取る)を4つ置いてみた
4utikonda.jpg

<小節範囲を選択>
 ここからここまでリピートして何度も聞きたいときなどは必須。ドラッグするだけなので簡単。2小節目は、上のトラックの2小節辺りをダブルクリックし、新たに出てきたピアノロールに適当に打ち込んでみた(ありふれたドラムパターン)
5editingda.jpg

<備考>
 音符の編集はやりやすいと思うが、ひとつだけ気になったのは、一時選択してそのまま移動すると、コピペになってしまう。コピペでいい場合もあるが、ただ移動したいだけと言うときもあるので、色々いじってみたが分からなかった。簡単にやる方法があるかも知れないが、今のところ分からない。
 もちろん、選択ツール(矢印アイコン)にすれば問題ないのだが…。
-------------------------------
タグ:Studio One 2

右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 15:44 | Comment(0) | Studio One 2 | 更新情報をチェックする

2012年05月06日

Studio One 2 とにかくいじってみる4


 前回のつづき。

 適当にいじってみる。

<ベロシティーをいじる>
 とりあえず下のやり方でできる。が、これがいいのかどうかはよくわからない。複数の音符をいじりたいときは、選択ツール(矢印のアイコン)で矩形にドラッグ選択すればOK。
1berositiicho.jpg

<打ち込んだものをコピペ>
 Alt + ドラッグはお決まりのようだ。完成した2小節目を3小節目にコピペ。どこかに何小節分かをコピペできるコマンドがあるかも知れないが…。
2altcopy.jpg

<複製してコピペする方法>
 こっちの方が簡単のようだ。Alt + D
3altd.jpg

<音符を付け足す>
 ドンチャ、ドドンチャ、だけじゃあまりに寂しいので、前後と4小節ごとにおかずを付け足す。各ウィンドウのズームはホイールが効くので楽ちん。
4tuketasi.jpg

<エクスポート>
 ミキシングも何もせず、いきなりエクスポート。wavファイルができあがる。1秒前後。デフォルトのままで、ファイル名だけつけた。
5kakidasi.jpg

<結果>
 メロディもコードもなーんにもないが、題名だけつけておいた。(←意味ねぇ)

 題名:What is Studio One? 



<備考>
 おお、ってビックリするような操作はないが、普通にいじって(マニュアルレスで)使えてしまうので洗練されているのかも知れない。「ど、どうしてこれができないのぉ〜???」ってパターンにはならないと思う。
 とにかく、マニュアルを読まないでできる、というのがありがたい。わーい(嬉しい顔)
-------------------------------
タグ:Studio One 2

右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 17:57 | Comment(3) | Studio One 2 | 更新情報をチェックする

2012年05月09日

Studio One 2 とにかくいじってみる5


 前回のつづき。

 今日も適当にいじってみる。

<他の楽器もテキトーに打ち込む>
 前回と同じように、右のインストゥルメントから好きなものを選び、ベースとオルガンとギターを適当に打ち込んでみた。ありふれたつまらないミュージックが出来上がった。
1tekitosonguti.jpg

<ミキサー画面>
 ミキサー画面はパンとボリュームぐらいしか分からないので、クリッピングしないよう少しいじってみた。適当。
2mixda.jpg

<エキスポート>
 前回と同じようにエクスポートしてみた。



<備考>
 ミキシングはどのDAWも似たような感じなので、大体は分かる。色んなスイッチがあるがよく分からないので、触るのはやめておこう。(←気が小さいな)
 しかし、実に小気味の良い、分かりやすいソフトだ。ウェイトがかかることが全くない。楽器の読み込みも実にスムーズ。否、同時進行と言っても大げさではない。スイッチ、ポンバッ、って感じ。
 今回、楽器が4つに増えたので、少しレンダリングに時間がかかるかな、と思ったが、全く変わらない。1秒以下。0.5秒ぐらいか。
 これで多彩な楽器が使えたら文句なしだが、それは無理な注文。製品版を買うしかない。
 だが、私の場合、色んな楽器やエフェクトがあってもどうせ使いこなせないので、ちょうどいいのかな?わーい(嬉しい顔)たらーっ(汗)(←ずいぶん弱気だな)
-------------------------------
タグ:Studio One 2

右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 14:32 | Comment(0) | Studio One 2 | 更新情報をチェックする

2012年05月10日

Studio One 2 とにかくいじってみる6


 前回のつづき。

 今日は、MIDIキーボードをつないでみたいと思う。
 で、キーボードとオーディオインターフェイスをMIDIケーブルでつないでみた。
 ん? 鍵盤を叩けど音なし。なんでやねん?
 ついに、ポンパッ、の世界ともお別れか…がく〜(落胆した顔)
 マニュアルのお世話になるしかないか…もうやだ〜(悲しい顔)

 が、思い直して、適当にやってみることにした。すると、以外と簡単だったかわいい
 要するにキーボードをソフトに認識してもらえばいいのは分かっているので、Optionの中に答えがあるだろう。
 あった。

<キーボードを認識してもらう1>
 外部デバイスというのがそうだった。
1optionda2.jpg

<キーボードを認識してもらう2>
 受信もとと送信先を指定すればOKだった。
2midisettei.jpg

<インストゥルメントをD&Dで追加>
 あとは今までと同じように、インストゥルメントをポイし、録音ボタンを押せばOK。キーボードをテキトーに叩いてみた。
3gakkisentaku.jpg

<今日の結果>
 題名は、

  What is Studio One 2 ?

 日本名は、

  スタジオワン2、って何やねん?(←いちいち訳さんでも分かるやろ!)



<備考>
 ついにマニュアルのお世話になる日が来たか、と思ったが何とかなった。適当にポチポチ押していたら何となく分かった。とりあえずキーボードの演奏を録音することができた。
 あと残っているのは、オーディオ録音と、私の苦手なエフェクト類。そろそろマニュアルのお世話になる日も近いかな?(←近い、近い!)
-------------------------------
タグ:Studio One 2

右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 18:03 | Comment(4) | Studio One 2 | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

Studio One 2 とにかくいじってみる7


 やはり今日も前回のつづき。

 今日は、生音を録音してみようと思う。果たして、スムーズに行くだろうか…。
 その前に、同じフレーズをリピートして、全体的に後ろに持って行き、アコギの前奏部分を作っておこう。

<望みの小節分をコピペする1>
 ループ内を全部コピペするやり方だ。楽ちんだ。
1sentakusa.jpg

<望みの小節分をコピペする2>
2huskuseisounyuu.jpg

<全体的に引っ越し>
 これもループ内全部選択して移動。楽ちん。
3zentaiidou.jpg
※後の追記:上記Altキー+ドラッグは間違いです。ドラッグだけでOKです。訂正してお詫びします。

<オーディオ録音>
 本日のメインイベント。これも簡単。スイッチ、ポンパッ。玄関開けたら2分でご飯、状態。
4rokuonjyunbi.jpg

<ノーマライズ>
 音が小さいので、ノーマライズした。これもスイッチポン状態。
5nomaraizu.jpg

<本日の完成品>
 レンダリング1秒以下は変わらない。はやっ。

 What is Studio One2 ver.0.90


<備考>
 なーーんだ、簡単だった。ほとんど、昔のテープレコーダー操作と同じような感じ。これは大げさではない。本当に簡単、It's easy!
 もっとも、我流で、適当にやっているので、間違ったことをやっているのかも知れない。が、とにかく最後まで行ける、ということが初心者にとってどれだけありがたく、嬉しいことか。
 途中でマニュアル内を探しまくり、ああでもない、こうでもないとやっているようでは、音楽制作意欲はどこかに消えてしまう。「おれは技術者になりてぇんじゃねぇんだぁ!ただ、音楽をやりてぇだけなんだーー」と雄叫びを上げて、お膳をひっくり返したことが何度あっただろう(←うそつけ!)
 中、上級者の方々にとっていいかどうかはよくわからないが、我々万年初心者にとってはとっても嬉しいソフトだと思う。(←我々、じゃなくて、おじさんだけだろ!)
-------------------------------
タグ:Studio One 2

右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 17:08 | Comment(2) | Studio One 2 | 更新情報をチェックする

2012年05月16日

Studio One 2 とにかくいじってみる8


 やはり今日も前回のつづき。

 ついに、苦手なエフェクト。イヤな予感がしたが、的中。さっぱり分からん。分からんなりにやってみた。多分トンチンカン状態ふらふら

 別にエフェクトかける必要ないんじゃないか、とも思うが、練習なので、あえてやってみた。オーディオ部分だけエフェクトをかけてみた。

<エフェクトをかける準備>
 インサートとかセンドとかよく分からんが、…。
1efectjyunbi.jpg

<FXチェーンを入れてみた>
 FXチェーンの意味が今ひとつ分からない。Compressor と Pro EQ を入れればいいんじゃないか、って程度の発想でD&Dしてみた。どうやって調整するのかよく分からない。
2comphoori.jpg

<リバーブをかける>
 テキトーに放り込む。
3ribaabudayo.jpg

<ディストーションをかける>
 テキトー。歪みの調整がうまく行かない。
4distoguita.jpg

<最終の画面>
 テキトー、の嵐。インストルメントも何かをかければいいのだろうが、邪魔くさいのでやめた(←おいっ!)。
5saishuudayo.jpg

<本日の完成品>
 レンダリングは1.5秒ぐらいか。やはり、エフェクトが重荷のようだ。

 What is Studio One2 ver.0.99


<備考>
 マニュアルもちらと見たが余計に分からない。チュートリアルビデオを見るともっと分からない。しょうがないので、テキトーにやってみた。テキトーだらけ。
 compressor と Pro EQ はどうやって調整したらいいのか、最後まで分からなかった。
 全体的なバランスが悪くなってしまったが、練習なので、ま、いいかぁわーい(嬉しい顔)ひらめき。(←直せよ!)
-------------------------------
タグ:Studio One 2

右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 20:52 | Comment(0) | Studio One 2 | 更新情報をチェックする

2012年05月22日

Studio One 2 で曲を作ろう1


 Studio One 2 の使い方はほぼ分かった。で、曲を作ろうか、と思ったがどうもやる気が起きない。
 「そのうちやるさ…」なんて思っていたら、7th-labさんがガンガン曲をアップしているではないか。むむっ、おじさんも頑張らんと遙か彼方に置いてきぼりをくらうぞ。(←もう置いて行かれてるし)
 何となく、7th-labさんの勢いに引きずられて、

 牛に引かれて善光寺参り〜ドコモポイント

と行こう。
 で、とりあえず5小節分のドラムを打ち込んでみた。(←それだけかよ!)

<ドラムの打ち込み>
 インストルメントドラムの種類はいっぱいあって迷う。面白そうなのがあって目移りするが、今日は Construction というのにしてみた。Constructionって工事って意味じゃなかったかなぁ。よく道路工事中の看板に、Under Construction って書いてある。と思って調べたら「建設」という意味らしい。
1drumjaa.jpg

<本日の完成品>
 新曲(といっても、作ったのは35年ぐらい前)のアレンジ開始。



 4小節できたので、あとはコピペで行こうかな。(←いつもそうだろうが)このドラムに絡んでいくベースが問題だぁ。エレベでやるか、インストルメントにするか…。エレベは重たいし(←重さかよ!)、インストルメントだとリズムは正確だがニュアンスが出しにくい。(←どっちでもいいから先に進めよ!)
-------------------------------

タグ:Studio One 2

右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 14:27 | Comment(4) | Studio One 2 | 更新情報をチェックする
Copyright 2010- おじさんのDTM