★お知らせ★ ご来訪ありがとうございます
・ピアニカは提供元が打ち切ったので終了しました(-_-)。

2010年09月20日

Cubase LE5 に挑戦、即ギブアップ!


 オーディオインターフェイス TASCAM US-122MKII に付録でついてきた Cubase 5 LE をインストールした。今日の目標は:

1.Cubase のインストール
2.アクティベーション
3.立ち上げて、オーディオ録音できるか確かめる。


 ユーザー登録しないと30日後には使えなくなると書いてあるので、しょうがなくユーザー登録(アクティベーション)する。
 それが半端なく大変。あっちへ行ったりこっちへ行ったり、待たされたり、入力したり、…もうへとへとだ。ど、どうして…??こんなにユーザー登録が大変なのだろう。
 1日に使えるエネルギーは限られているのに、どうしてユーザー登録ごときに…。疑問がふつふつと湧く。何をどうやったか思い出して記録しようにも、もう遙か彼方に記憶は消え去った。ただ頭がボーッとしていたのは憶えている。
 気を取り直して、薄い(ホントに薄い)付属マニュアルを読みながら起ち上げる。(2,30秒かかる)
 何が何だかよく分からないまま、マニュアル通りに進む。意味の説明がないので、言われる通りやるしかない。
 マイクをセッティングして録音。その後再生してみる。音なし。再度、トライ。同じく無音。
 胃の上辺りにイライラとしたものがこみ上げてくるのが分かるが、グッと抑える。
 マニュアルを読み直す。間違っていない。
 再度トライ、無音。オーディオインターフェイスのつまみやらスイッチをいじくり回す。…関係なし。何度もマニュアルを確認し、トライしたがダメ。
 まいった。私には無理だ。理解不能。
 コーヒーを飲んでWebで検索。似たような状況がありそうで、ない。あまり私のような状況にはならないのか。とんでもない幼稚な間違いをしているのだろうか。
 時間だけが過ぎ、疲労がじわっとおそう。
 色々な可能性を考え、考え、何度もトライしてみるが、状況変わらず。
 諦めた。
 ギブアップ。
 展望なし。
 やはり、私には Mixture が限界なのかも知れない。ボタンの数が多く、マウスオーバーでポップアップヘルプウィンドウが開くのだが、読んでも意味不明で、どうしていいのか分からない。
 メニュー上のヘルプを開くと、膨大な量のマニュアルが開く。何とか読もうとしたが、1頁も読んだら疲労でダウン。

 うーん、わからん!


 おじさんの能力では無理のようだ…もうやだ〜(悲しい顔)

タグ:Cubase LE5

右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 18:26 | Comment(0) | Cubase LE5 | 更新情報をチェックする

2010年09月24日

Cubase LE5 を使い始めた


 メモリーを倍(1ギガ→2ギガ)に増設することによって、(本格的に使うとまた壁にぶつかる不安があるとは言え)何とかCubase5LEが動くようになった。
 色々思案した結果、とりあえずCubase5LEを使ってみることにした。行ける所まで行って、行き詰まったら他の道を模索しよう。
 マニュアルを読むのは正直しんどいが、しょうがない、少しずつやってみるしかない。
 ヘルプの中にpdfファイルという形で見ることができるのだが、これが見にくい。マニュアルを読みながらCubaseの操作をするのは本当に疲れる。
 印刷して読みながらやるしかないが、これが半端ないページ数。紙代、インク代がバカにならない。時間もかかる。少しずつ小出ししては印刷することにする。
 マニュアルを読み進む。チュートリアルのファイルを読み込みながらやるよう促される。マニュアルを片手に進めるが、これが以外と分かりにくい。実に沢山のボタンがあって、ディスプレイが14インチということも手伝って、大変だ。まぶたが下がってくるのが分かる。
 何とか、録音と再生だけは理解できたようだが…。
 今日はこれでお終いだぁ。 (-_-)眠い(睡眠)
from iZo Arts
タグ:Cubase LE5

右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 18:11 | Comment(0) | Cubase LE5 | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

Cubase LE5 を使い始めた2


 録音と再生については大体分かったので、次に進もう。しかし、このマニュアル何頁あるのだろうか。

 入門編:57頁
 メニューリファレンス:18頁
 オペレーションマニュアル:299頁
 プラグインリファレンス:23頁
 リモートコントロールデバイス:33頁

 な、なんと400頁以上あるではないか。音楽をやりたいだけなのに、ど、どうして…。
 意欲が失せてくる。
 とんでもないことを始めてしまったような気が…。
 何か手っ取り早く操作を憶える方法がないものか、とまたまたWEB探し。と、YouTubeに「氏家克典のCUBASEはこう使え!」シリーズというのがあった。
 Cubase は全く初めて、と言う人のためのもので、理解の一助にはなる。

氏家克典のCUBASEはこう使え! vol.1 前編

氏家克典のCUBASEはこう使え! vol.1 後編

氏家克典のCUBASEはこう使え! vol.2 前編

氏家克典のCUBASEはこう使え! vol.2 後編


 しかし、これでどんどんやれるか、というとそんなことはないに違いない。
 結局、えっちら、おっちら、マニュアルとにらめっこするしかないのかぁ…。

 とりあえず、入門編だけでも読んでしまおう、っと。ふらふら

--------------
 上のCubaseのビデオ講座 続編があるようです。

from iZo Arts

タグ:Cubase LE5

右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 20:20 | Comment(0) | Cubase LE5 | 更新情報をチェックする

2010年09月28日

Cubase LE5 を使い始めた3


 ある程度、録音の仕方を憶えたので、前回紹介した録音ファイルに音を重ねる実験をしている。習うより慣れよ、の諺通り、ああでもないこうでもないとやりながら、少しずつ分かりつつある。
 このソフトは定番と言われるだけあって、どうもすごいソフトのようだ。まず、思ったのは、

 TASCAM US-122MKII と Cubase 5LE

の組み合わせで、とてもきれいな音で、しかもリアルに録音できる、ということだ。
 ノイズもない(あるのだろうが気にならない)。レイテンシー(遅延)もない。シングルコアのノートパソコン(メモリーはしょうがなく2ギガに増やした)なのに、である。
 しかし、問題がないわけでもない。このノートパソコンの能力がいっぱい、いっぱいなのだ。CPU使用率が100%から動かない。
 案の定、サイクル録音(同じ所を何回も録音できる設定)でやっていたら、暴走し出した。(画面が乱れ、音がブツブツと途切れ出し、やっとのことでストップを押したら回復した)
 うーん、熱暴走、ってやつなのだろうか。メモリーは2ギガに増やしたので問題はないが…。CPUがパニクって、変な命令でも出したのだろうか…。
 今のところ3重録音しかやっていないので、まだ何とかやれるが、これが4重、5重、midiトラック…、と増やしていったときにどうなるか…。

 色々考えているうちに、ひょっとして、ASIOドライバーを逆に、high latency に設定してみたら、

 おおっ!パンチむかっ(怒り)

何と、CPU使用率が70%まで落ちたではないか。遅延があるかどうか、さっそく実験…ない!

 「ええい、いっそのこと、highest latency にしてやれ!」

 さすがに無理だろうと思ったが、やはり遅延しない!しかも、CPU使用率が50〜60%あたりをうろうろしているではないか。
 な、なんと!。どういうこっちゃ、これは。てっきり、うちのノートパソコンだと low latency 設定でないと遅延が起こってダメだと思いこんでいたに過ぎないのか。
 これは、面白いことになってきたなぁ。それとも、例によってとんでもない勘違いをしているのだろうか…??? 浅はかなおじさんの、ああ勘違い!、に過ぎないのか…。
右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 20:31 | Comment(0) | Cubase LE5 | 更新情報をチェックする

2010年09月30日

Cubase LE5 を使い始めた4


 Cubase もだいぶ慣れてきて、これなら何とか使えるかな、なんて思い始めていた矢先、4重録音に挑戦し始めて、

 ガチョーーン失恋

 何と、また「CPU使用率」が100%! まぁ、行けるところまで行くかぁ、とやっていたら、ディスプレイ暗転、音が途切れ出した。しまいに、ASIOドライバーをPCが認識いていないではないか。
 エフェクターも何にもかけていないのに…。VSTも使っていないのに…。
 やはり、私のノートパソコンでは無理のようだ。デュアルコアパソコン+メモリー2ギガ以上の組み合わせが必要なのだろう。

 ハングアップの嵐をかいくぐって(笑)、このあいだyuusan(このブログの読者)に送っていただいたファイルを何とか4重録音して完成した。フラットマンドリンとベースを入れてみた。

演劇yuusan&iZo session on the blog



 意味のない音を重ねただけのような気もしないではないがふらふら

 まっ、いいっかぁ〜わーい(嬉しい顔)

 この曲を最後に Cubase LE5 とはオサラバするか…、トホホ…


 次行こう、つぎっ!

from iZo Arts

右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 20:18 | Comment(0) | Cubase LE5 | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

久々に Cubase LE5 をさわる


 ふと、娘(一人暮らし)が残していったパソコンを見ると、な、なんと私のpcより性能が良いことに気がついた。ひらめいたひらめき

こ、これは!い、行ける!手(チョキ)

 このパソコンに、動かないCubaseをインストールして使おう。し、しかし、このpcは娘のものだ。勝手に使うわけには行かない。
 そこで、メールした:
「pcぜんぜん使ってないようだが、俺に半分使わせてくれぇ〜」と。
 返事なし。しかとか…ちっ(怒った顔)
 しかとはOKと判断。さっそくインストールして立ち上げ、私のpcでは途中で飛んでしまうデモ曲を読み込み鳴らしてみる。
 問題なし。スムーズに動く。やはりCPUの問題だったことがこれで判明した。
 いくらOK(しかとだが)をもらったとはいえ、全面的に使うのは気が引けたので、パスワードをつけ、ユーザーを分けた。これで、娘が帰ってきても文句は言われないだろう。どうせ使ってないのだ、もったいないのだ。それでいいのだ。(←天才バカボンか!)

 「おまいらの音楽」さんから前々回のブログにコメントをいただき、

 レイテンシはダイレクトモニタリングで解決する

とのこと。さっそく オーディオインターフェイスをあっちこっちスイッチを探すがなく、ソフトにもなく、…さて、どうすればいいんだろうか…、と、確かCubaseの何たら設定画面で、ダイレクトモニタリングon/offスイッチがあったのを思い出した。
 立ち上げて、探す:

メニュー>デバイス>デバイス設定>VSTオーディオシステム>US-122MKII

の画面の上部にあった。が、使用不能状態。
dairekuto.mon.jpg
(クリックで拡大)
 マニュアルを見る。

 オーディオインターフェイスやデバイスドライバーがダイレクトモニタリングに対応していなければ使えません。

 …、って、ちゃんとTASCAMは対応してるはずなんですけどぉ〜!ふらふら
 わからん!おじさんは疲れた。寝よぉ、っと…。バッド(下向き矢印)眠い(睡眠)
-------------------------
 「おまいらの音楽」さんありがとうございました。なかなかスッキリしませんが、遅延にこだわりすぎかな、と反省しています。
タグ:Cubase LE5

右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 21:37 | Comment(2) | Cubase LE5 | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

久々に Cubase LE5 をさわる2


 ブログ付属の検索ワードを見ると、

CubaseLE5 入門
CubaseLE5 録音
CubaseLE5 音が出ない

などというのが非常に多い。CubaseLE5でご苦労されている方が多いということだと思う。
 このソフト、Tascam US-122mkII に同梱されているのだが、非常にムズイソフトだということなのだと思う。とりあえず録音用に使おうにも、音が出ない、録音できない、何をどうしていいかわからないで苦しむ羽目に陥る。
 マニュアルは、印刷されたものではあまりに薄く、あまりにも頼りない。かと言って、pdfファイルのマニュアルは非常に読みにくい。使いにくい。ソフトを使用しながらでは、よほど広い(大きな)ディスプレイでないと無理。(私のは14インチ)
 で、印刷しようとするのだが、とてつもなくページが多い。インク代と紙代で市販の解説本が買えてしまうではないか。(REAPER の最新版ソフトが買えてしまう)
 そして、アクティベーション。これにはほとほと疲れた。まるで、神経すり減らし忍耐試験をやらされているような…。私はユーザーとして失格なのだろうか、と。
 無料でついてくるんだから文句はないだろう、と何度も何度も言われているような気分になるのは私だけだろうか…。
 挙げ句の果てに、私のPCではまともに動かないことが判明。

 やーめたっ、っと!

の雄叫び後、放り出した。
 これらのことは以前のブログに書いた。しかし、その後も上記のような検索ワードで当ブログにご来訪くださる方が大変、大変多く、
「せっかく来てもらったのに何も得るものもなく立ち去られるのだろうなぁ、できるものなら使ってみてレポートできればなぁ、しかし自分のpcではどうしようもないしなぁ…」
などと思っていた。

 だが、前回のブログにも書いたが、娘のPCを使えば何とかなりそうなので、この超有名なソフトを使ってみたいと思っている。果たして私のチープな頭で使いこなせるか、…。途中で頓挫して、例によって放り出すかもしれないが…。
------------
 と書いてはみたものの、このソフトを使いこなせるのかどうか、今のところ自信がありません(汗)。頓挫したら、<(_ _)>、ということで…。

タグ:Cubase LE5

右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 17:22 | Comment(0) | Cubase LE5 | 更新情報をチェックする

2010年12月10日

Cubase LE5 ふたたび1


 「七瀬ふたたび」というドラマがあったが、それにあやかって、「Cubase LE5 ふたたび」をやってみたいと思う。(←何の意味があるねん)
 「七瀬ふたたび」は面白かったなぁ。(←だから関係ないやろ)
 さて、まずはじめに、「Cubase LE5 音が出ない」という場合は、どこかで設定が間違っているはずだ。(←そんなこと当たり前やろ)US-122mkIIの薄い取扱説明書とCubaseLE5クイックスタートガイドをじっくりと読むしかない。(←意味ねぇ)
 斜め読みをすると間違えてしまう。必ず確認をしながらやらないと失敗する。私の場合、さんざん悩んで、あ、なーんだ、というのが多い。(←だろうな)
 「CubaseLE5 録音できない」というのも同じで、CubaseLE5クイックスタートガイドを何度も読み返すしかない。(←またかよ!) 懇切丁寧とは言い難いが、必要最低限のことは載っているので再生、録音はとりあえずできるはずだ。(←そううまく行くかな)
 私もマニュアルを読むのが嫌いでつい斜め読みしてしまい、行き詰まって、また最初から読み返すというパターンから抜けられない。(←だろうな)


 設定は一応終わったことにしよう。じゃ、始められるかというとそうは行かないのである、このソフトは。適当にいじって曲ができればいいのだが、無理だ。少なくとも私はそうだった。
 どんなソフトでも適当にやってマスターできる自信がある人は別だが、ヘルプの中の電子マニュアル(pdf)を印刷した方がよいと思う。
 が!、とんでもないページ数なので、とりあえず私は「入門マニュアル」だけ(全部で57ページ)印刷した。少なくともこのマニュアルを真剣にやれば何とかなるだろうという皮算用だった。
 「入門マニュアル」にはチュートリアルもあり、インストール用CDの中にその作りかけファイルが入っているから、それを活用し、何となく全容はわかったと思う。


 で、前回のブログ等にも書いたが、さあやろうかなぁ、と思っていたらハングアップを繰り返すようになってきて、放り出してしまったのだった。
 今は、娘のPC(デュアルコア、メモリー2G、14inchディスプレイノートpc)を使用して、何とかなりそうな感じだ。(←ふーん、そいつぁよかった)
 次の曲をこのCubaseLE5でやってみたいと思う。作っていく過程をブログに書けば、CubaseLE5を使う人の参考になるんじゃないか、などと勝手に思っている。(←何だかちっとも進まねぇな)
---------------------------
 実は、一つ一つ考えられるパターンを記事にしようと思ったのですが、泥沼にはまってしまって断念しました。エネルギーが足りません。
もうやだ〜(悲しい顔)

タグ:Cubase LE5

右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 21:39 | Comment(0) | Cubase LE5 | 更新情報をチェックする

2010年12月13日

Cubase LE5 ふたたび2


 ひょっとして、昔使っていたRolandのSoundCanvas(SK-50)が使えるかもしれないと思って、アマゾンでmidiケーブルを注文した。税込みで727円。最悪使えなかったらあきらめるしかない。
 最初に決めたDTM予算(右欄下の方参照)3万円もこれでほとんどなくなった。ただいまの残金は:

 30,000円-(28,643円+727円)=629円也

 それにしても、驚いたのは、Rolandだ。マニュアルを紛失していたので、まさかと思って検索したら、ちゃんとpdfファイルにしていてくれたではないか。
 このキーボードを買ったのはまだPC-98VXだのDXだのの時代だ。おそらく20年近く前に発売されたものだと思う。伝説のDTMセット、ミュージ郎だ。それをまぁ、ちゃんとマニュアルをアップしてくれている。この会社はすごい!ありがたやー<(_ _)>
 問題は、セッティングしてちゃんと使えるかだが…。


 さて、「Cubase LE5ふたたび」を始めるか…。(←やっとかよ)
 何度もCubaseLE5入門マニュアルを読み返してみるが、今ひとつ意味がわからない。分からないから、そのまま何となくマニュアル通りにやってみるしかない。
 ちょうど数学の問題の解答を意味が分からないまま書き写すような感じだ。しょうがない、チープな頭なのだからあきらめるしかない。きっと分かる人は分かるのだろう。ノーベル賞を取る人もいれば、Cubaseのマニュアルがチンプンカンプンの人もいる。この差はどうも埋まりそうもない。(←あんただろ)

 まず、デバイス設定の確認をしよう。下の2つの図(クリックして拡大可)はいずれも


 メニュー>デバイス設定


で開いたウィンドウ。
 A図で、1を選択し、2のようになっているかどうか
A図右斜め下

vstオーディオシステム.jpg


 次にB図で、3を選択して、4のようにアクティブになっているかが大切なように思う。が、本当のところは分からない。(←無責任だなぁ)

B図右斜め下

アクティブ.jpg


 今ひとつこの一連の設定画面はよく分からない。(いや、どの設定を見てもよく分からない)が、うーん、しょうがない、とにかく前進するしかない。前進、前進、前進!新幹線
 あー、もう疲れたぁ、寝よう、っと。バッド(下向き矢印)眠い(睡眠)(←なんだよ、まだ何もやってねぇじゃんか)

タグ:Cubase LE5

右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 21:09 | Comment(0) | Cubase LE5 | 更新情報をチェックする

2010年12月15日

CubaseLE5 ふたたび3


 デバイスの設定は終わった。
 先日買った、midiケーブルをオーディオインターフェイス(TASCAM US-122mkII)とmidiキーボードを繋ぐ。
 CubaseLE5を立ち上げ、新規作成(空白)を選ぶ。
 メニュー>プロジェクト>トラックを追加>インストゥルメント選択。
 カウントを1、インストゥルメントをHALionOneを選択、OKをクリック。
 ↓A(インストゥルメントを編集)を選択すると、HALionOneが大きく表示される。

haroin.jpg

 Bのボタンの「プリセットの読み込み」を選択。ビューアーが開くので好きなもの、たとえば PIANO>Jazz Piano を選ぶ。
 あー、しんど。さて、音が出るか

 でたぁ〜 わーい(嬉しい顔)晴れ


 やったぁ、Roland SK−50が復活だぁ。
 では、この勢いで録音してみよう。
 Cの録音ボタンを押す。曲は例によって、「七つの子」のさわり。(←またかよ!)
 ふむ、ふむ、ちゃんと録音できている↓。小さな喜び

rokuonda.jpg

 ところが、だ。
 この録音をこのブログにアップするために、mp3にしようとしたら

 2011年1月1日まで、あと19回エンコードできます


と出るではないか。19回、って、そんな!あと3週間もないではないか。ちゃんとアクティベーションしたはずなのに、いったいどうして〜?????
 そのそばを見ると、購入のボタンが。ええーーっ、エンコーダーを買わなきゃならないのかぁ〜〜。
 な、な、なんと…、愕然。ふらふら
 それとも、アクティベーションで記入漏れしたのかなぁ、うーん、わからん!!
 あー、もうあのアクティベーションするの、いやだぁ〜、勘弁してくれよぁ。

 ま、いいかぁ、しょうがない次行こう、次!
 で、エンコードしたのが、↓これ。

 音の変な強弱、リズムのずれは私の演奏がへただからだ。(←確かにな)
              つづく…

タグ:Cubase LE5

右斜め下ぴかぴか(新しい) もしこの記事が気に入ったら一票(クリック)お願いします(日本ブログ村ランキング)
にほんブログ村 音楽ブログ DTM・MIDIへ .                    .

posted by iZo Arts at 20:35 | Comment(0) | Cubase LE5 | 更新情報をチェックする
Copyright 2010- おじさんのDTM